IAEA国際原子力機関。本部はオーストリア・ウィーンにあり、年間予算は3億3千万ユーロ(12年度、約4千億円)。職員は2200人で、うち250人 が査察官であるという。このIAEAという国連の機関がどのような目的で生まれ、どんな仕事をしているのか。その査察はどのようなものなのか。京都大学原 子炉実験所OBの小出裕章さんに聞いた。(ラジオフォーラム

元京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

元京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

◆ IAEAの相矛盾した目的

ラジオフォーラム(以下R): IAEAについて、一言でどういう機関だと捉えていらっしゃいますか。

小出:もともと原子力と日本で呼ばれているものは、原爆から始まったわけで、いわゆる核兵器の技術とは切っても 切れない裏表の関係にあります。もともと原子爆弾というものは米国が造り、それ以降、ソ連、英国、フランス、中国というような国々が次々と原爆を造ってい きました。その中でこれらの国々は国連の常任理事国となり、その5か国はいわゆる核兵器保有国として、他の国には絶対に核兵器を持たせないという路線を ずっと敷いてきました。

しかしながら、米国などは、原爆を造るために膨大な施設を造ってしまったため、それが国家にとっての重荷になってきました。それで米国大統領のアイ ゼンハワーは1953年の演説で、「原子力の平和利用(アトムズ・フォー・ピース)」を提唱し、それまでに軍事的な目的で作った工場を、平和利用などと言 いながら、金儲けのために利用したいと考えたわけです。そのためには、世界中に原子力発電を売りつけなければなりませんが、原子力と呼ばれている技術と、 核兵器の技術とは全く同じ物なわけですから、平和利用と称して世界中に原子力技術をばらまいてしまうと、核兵器の独占が崩れてしまいます。そこで、なんと かしなければいけないと米国は思ったわけです。

そのためにつくられた組織がIAEAであって、この組織がやるべき仕事は2つあります。ひとつは原子力発電を世界中に広めるということです。もうひ とつは、広めながらも核兵器だけは他の国に持たせないことです。両立させるのは非常に難しいのですが、その2つの目的を担うために設立されたのがIAEA です。

R:つまり、原発は大いに普及させよう、しかし、核物質が軍事目的に転用されるのを阻止するために監視をしていこう。そういう目的だと考えていいですか?

小出:おっしゃる通りです。

R:このIAEA、実は2005年にノーベル平和賞を授賞していますが、これはどういう理由からでしょうか。

小出:ノーベル平和賞というのは、昔から変だなと私は思ってきました。例えば、かつて佐藤栄作さんがもらい、イ スラエルの首相ももらっている。米国大統領のオバマさんももらっているというようなことで、ノーベル平和賞というのは大変政治的な思惑の下に、与えられて きたのだと思います。IAEAも世界中に原子力発電をばらまきながら、なおかつ核兵器の拡散を防止するということに功績があったという政治的な理由で認め られたのだと思います。

R:原発を普及しながら核物質の拡散を止めるという、相矛盾する仕事を同時にやっているのがIAEAですね。

小出:そうですね。