大阪在住の脱北者リ・ハナさん。「好奇の目で見られるのが嫌です」。撮影キム・ヘリム

大阪在住の脱北者リ・ハナさん。「好奇の目で見られるのが嫌です」。撮影キム・ヘリム

 

日本にいわゆる脱北者が200人ほど居住していることをご存知だろうか?東京に約150人、大阪にひっそりと約50人が暮らしている。

主に1960年代に帰還事業で北朝鮮に渡った在日朝鮮人とその日本人妻、現地生まれの子供たちが日本に戻ってきているのだ。

59年から始まった帰還事業では、9万3000人余りの在日朝鮮人が北朝鮮に渡った(日本国籍者約7000人を含む)。

当時、在日朝鮮人は国民健康保険にも年金にも加入できず、差別でまともな職もなく、多くが貧困に喘いでいた。金日成政権と朝鮮総連は、発展する社会主義祖国建設に参加するよう帰国を呼び掛けた。

日本社会では「朝鮮人が祖国に帰る人道事業」と位置づけられて自民党から共産党までの政党、多くの労組、自治体、文化人が帰国事業を支持、応援した。だが、多くの帰国者たちは、北朝鮮で新たな貧困と迫害にさらされることになる。
次のページ:私が『向こう』から来たことは秘密にしてくださいね...