沖縄担当大臣などを務める自民党の島尻安伊子議員が、文科省傘下法人から補助金を受けた専門学校から300万円の寄付金を受けていたことがアイ・アジアの 調べでわかった。この学校は島尻大臣の親族が経営しており、政治資金に詳しい専門家は、「実態として補助金が政治資金の原資になっている」と指摘。島尻大 臣の側はアイ・アジアの取材に対して、「回答できない」と話している。(アイ・アジア/鈴木祐太)

政治資金規正法と公職選挙法違反で刑事告発された島尻安伊子沖縄担当大臣(参議院のHPより)

政治資金規正法と公職選挙法違反で刑事告発された島尻安伊子沖縄担当大臣(参議院のHPより)

島尻大臣に献金をしていたのは、浦添市にある専門学校運営会社「JSLインターナショナル」。2013年12月に300万円を島尻大臣が支部長を務める自 民党沖縄県参議院選挙区第2支部に寄付していた。この学校は島尻大臣の夫が理事長を務め、留学生支援として文部科学省傘下の独立行政法人である「日本学生 支援機構」から毎年、補助金を受けている。

政治資金規正法では、政治団体が国や自治体から補助金を受けている団体から寄付を受けることを禁止しているが、独立行政法人から補助金を受けている 団体からの寄付は禁止してはいない。一方、後者の場合も補助金が事実上政治資金に投入されている点では前者と実質的には変わらないため、この寄付を問題視 する指摘も出ている。

次のペーへ ...