4月8日に韓国統一部が発表した、海外の北朝鮮食堂の支配人と従業員、計13人の集団亡命事件。その後の韓国メディアの取材などで、少しずつ詳細が明らかになっている。ハンギョレ新聞、中央日報、朝鮮日報、連合通信など、韓国メディアの情報をまとめると以下のようになる。

・食堂の場所は中国浙江省寧波市の「柳京食堂」。
・亡命は北朝鮮の旅券を使って、航空便で合法的に中国をから東南アジアに出国し、そこから韓国入りした。
・「柳京食堂」には、韓国に亡命した13人以外にも数人の従業員がいた。彼らは中国に留まっている。

これまでも、陸路、海路で10人以上が集団で脱北、亡命する事件はあったが、複数の家族、親族が一緒に行動するケースがほとんどで、これだけ多くの「赤の他人」が意志統一して逃亡を図るなど聞いたことがない。

ショータイムに歌を披露する北朝鮮人の従業員。近所のアパートで集団で暮らしていた。2013年7月吉林省延吉市にて撮影(アジアプレス)

ショータイムに歌を披露する北朝鮮人の従業員。近所のアパートで集団で暮らしていた。2013年7月吉林省延吉市にて撮影(アジアプレス)

 

韓国統一部は、「テレビやインターネットで韓国の発展を知り憧れた」とか「経済制裁が強まり、北の体制にはこれ以上希望がないと考えた」と供述しているなどと説明しているが、それだけの理由で集団亡命したとは到底考えられない。
次のページ:中国では隙だらけ 逃げないのは家族のため...