取材に応じる男性(撮影:アイ・アジア)

取材に応じる男性(撮影:アイ・アジア)

これについて、事故の当日に現場にいて初報段階でもアイ・アジアの取材に応じた現場近くに住む48歳の男性が匿名を条件に再度、取材に応じた。男性は、匿名の理由として、在京の報道機関に所属していていることを理由に挙げた。

「私は東京で単身赴任しているのですが、月に一度は大阪の家族のもとに戻ります。家は長居公園から近いので、帰阪の際には必ず長居公園でジョギングをしています。当日もジョギングをしようと出たのですが、もう凄い人で、『どうなってんねん』という感じでした。今から思うと亡くなられた女性もその中にいたんでしょうけど、人の列が何重にもなっていて、人をよけながら走る状態でした」

その日の天気は昼近くに急変したという。

「ジョギングを始めて20分くらい経った頃でしょうか。時間は覚えていません。いきなり曇り始めて、あとは強い雨。そして雷鳴が轟き始めたんです。それで、ジョギングを中止して自宅に急ぎ帰りました。帰りに見たトイレは人であふれ、そこに入れない人が周辺の木の下に雨宿りする状況でした。ですから、誰が落雷事故に遭ってもおかしくなかったと言っていいでしょう」

現在、公園内には落雷に注意を促す看板が立てられしている。競技場の管理主体である大阪市の外郭団体である長居パークセンターが立てたものだ。そこには以下のように書かれている。
次のページ:雷の音が聞こえたら逃げてください...