2012年夏に大阪市で行われた人気音楽グループ「エグザイル」などが出演するコンサートを見に来た女性二人が、開演前に落雷に遭って死亡した事故。主催者が適切な避難誘導を行わなかったとして、被害者一人の遺族が損害賠償を求めていた裁判で、16日午後、大阪地裁は原告の訴えを却下する判決を言い渡した。(アイ・アジア編集部

落雷時事故で亡くなった岩永牧子さん。事故現場には冥福を祈る祭壇が設けられていた。公園管理者は撤去を求めている。(撮影 アイ・アジア)

落雷時事故で亡くなった岩永牧子さん。事故現場には冥福を祈る祭壇が設けられていた。公園管理者は撤去を求めている。(撮影 アイ・アジア)

 

2012年8月18日に落雷事故は起きた。大阪市の長居公園で人気グループ「エグザイル(EXILE)」や「三代目 ジェイ・ソウル・ブラザーズ(三代目J Soul Brothers)」などが出演する「エイ・ネーション2012(a-nation 2012)」の大規模なコンサートが午後から予定されていた。

北九州市から友人と二人でコンサートを見に来ていた岩永牧子さん(当時22歳)は、会場のある長居公園の地下鉄駅の改札を13時32分に出たことがわかっている。そして雨と落雷を避けるために、14時10分過ぎ(訴状では10分~15分)に公園内の木陰に避難。二人はそこで雷の直撃を受けて亡くなった。

「不当な判決」と訴える牧子さんの両親。左は父の浩美さん、右は母の和子さん。5月16日大阪市内で撮影鈴木祐太(アイ・アジア)

「不当な判決」と訴える牧子さんの両親。左は父の浩美さん、右は母の和子さん。5月16日大阪市内で撮影鈴木祐太(アイ・アジア)

次のページ:牧子さんの両親は、スタジアム周辺に参集した観客に対しても...