2-2 北朝鮮支援の流用と横流し

◆支援物資の横領と横流し
<北朝鮮への人道支援>記事一覧

数多くの脱北者の証言によると、外国からの支援物資は国家機関による組織的な横領と、不正腐敗行為による市場への横流しに晒され続けて来た。前者は主に「優先配給対象」に回され、後者は現金と引換に「民間保有」となって市場で流通することになる。

韓国のNGO「北韓民主化ネットワーク」が2011年3月末、韓国在住の脱北者500人に調査したところ、78.2%が支援食糧を「受け取ったことがない」と回答。「受け取ったことがある」とした人のうち27.4%が支援食糧を「当局の指示に従い返納した」と答えた。支援食糧の行き先については、73.6%が「朝鮮人民軍」、69.0%が「朝鮮労働党幹部」と回答している。

 ◆援助資金の実質的流用 金正恩政権の財布はひとつである

現金供与でなく現物で援助されたとしても、それが流用されることで、本来食糧購入(輸入)や農業基盤整備に当てられるべき北朝鮮政府の資金が別の用途に振り向けられれば、現金供与と結果は同じである。

例えば、「優先配給対象」に対し、本来国家の責任で購入して支給されるべき食糧が外国からの支援で賄えれば、そこに振り向けられるべき資金は浮き、政権は別の優先度の高い項目に使用するだろう。それは軍事費かもしれないし、金父子の銅像建立費かもしれない。金正恩政権の財布は基本的にひとつである。浮いた金をどこに使うのか、それを援助供与者(ドナー)は決定できない。

続きを見る...

参考文献
○ アルマティア•セン著『貧困と飢餓』(岩波書店2000年)
○ L・デローズ、E・メッサー、S・ミルマン共編『誰が餓えているか』(清流出版、1999年)
○ 李英和著『北朝鮮の食糧危機と難民発生に関する調査報告』(関西大学経済論集、2000年)
『北韓概要』(韓国統一部、2012年)

※本稿は関西大学経済・政治研究所「セミナー年報2014」寄稿した拙稿「『脆弱国家』北朝鮮への人道支援はどうあるべきか ~役立つ支援と有害な支援~」に加筆修正したものです。
<北朝鮮への人道支援>記事一覧