承前)農場で強制労働させられている「職場離脱者」について書き進めたい。彼らは、国家によって決められた職場を無断で離れた罰として、協同農場で重労働を強いられている。北朝鮮北部地域のある協同農場の近くに住む複数の取材協力者が伝えてきた。この6月の話である。
前回の記事: <写真報告>これは奴隷制ではないのか? 「農村支援」という名の強制労働

◆「職場離脱者狩り」

今、北朝鮮では「200日戦闘」と農村支援が同時に行われている。

北 朝鮮における「○○日戦闘」とは、重要な政治行事の前後に行われる短期集中の増産運動のことで、目標の超過達成、早期達成を企業所間、職場間で競わせる扇 動カンパニア(政治闘争)だ。幹部たちはノルマ達成のために職場に泊まり込み、労働者も超過勤務が当たり前になる。街中には「○○日戦闘の最前線へ」など のスローガンが溢れる。

去る5月に36年ぶりに開催された労働党大会に合わせて「70日戦闘」が行われた。全国の職場では毎日出勤チェックが行われ、「職場離脱者狩り」といった様相を呈していた。

「(出勤しても)やる仕事もないのに、『70日戦闘』期間中は、保安員(警察官)たちが毎日のように家々を回っては『無職者』と『無断欠勤者』を見つけ出して『労働鍛練隊』に送っていた」
と、北部地域に住む取材協力者は振り返る(※無職者は職場の籍自体を無くした者)。

隊列を組んで労働現場に向かわされる労働鍛錬隊の収容者。咸鏡北道でリ・ジュン撮影

隊列を組んで労働現場に向かわされる労働鍛錬隊の収容者。咸鏡北道でリ・ジュン撮影

 

そして、「70日戦闘」が終ったのも束の間、6月に入ってすぐ始まったのが「200日戦闘」だ。息つく間もなく、「職場離脱者狩り」は続いており、拘束された人々が農村に連行されて行っている。

次のページ:強制動員で衰弱する者が続出...