「月に20~30万円稼げる」。そんな甘い言葉に乗せられて、留学生として日本を目指すベトナム人が急増している。その数はこの5年で約10倍増え、年5万人近くに上る。彼らの大半は、来日費用の返済と学費を稼ぐため深夜働き詰めの生活だ。日本への送り出しブローカーと、一部の悪徳日本語学校に食い物にされ「奴隷労働」を強いられているベトナム人留学生の実態。長期取材した出井康博の報告の二回目。(アイ・アジア編集部)

フーンさんの暮らす日本語学校の寮 撮影 出井康博

フーンさんの暮らす日本語学校の寮 撮影 出井康博

◆バイト紹介手数料まで取る日本語学校も

「カイシャ(日本に留学を斡旋するブローカー)に騙されました…」

東京都内の日本語学校に通うベトナム人留学生のフーンさん(20歳)が、拙い日本語でつぶやくように言った。

彼女はベトナム南部ニャチャンの出身だ。両親は農業を営んでいて、きょうだいは兄2人と姉がいる。兄の1人はパキスタンの建設現場で出稼ぎ中だ。フーンさんが日本に「留学」したのも出稼ぎが目的だった。

彼女を日本へと送り出すため、家族は田畑を担保に入れて約150万円を借金した。日本語学校に支払う初年度の学費が70万円、それに半年分の寮費に18万円、他にはブローカーへの手数料や渡航費などである。

150万円といえば、フーンさん一家の年収の7年分にも相当する。そんな借金を厭わないのも、彼女からの仕送りを期待してのことだ。ブローカーからは「日本でのアルバイト先は日本語学校が紹介してくれる」と聞いていた。しかし、話は少し違った。

「日本語学校はアルバイトの紹介料として2万円を要求してきました。紹介料が必要だとはブローカーは何も聞いていませんよ!」フーンさんは私が伴っ ていたベトナム人通訳に向かい、母国語で怒りをぶちまけてきた。日本語学校が有料で職業紹介をすることは違法だが、留学生の無知につけ込んでいるのであ る。

紹介料の支払いを拒否したため、彼女にはアルバイトが見つからなかった。アルバイトもせず生活していると、ベトナムから持参した7万円がどんどん 減っていく。3カ月もすると、所持金はわずか「2000円」しかなくなった。そこで観念し、フーンさんは2万円の紹介料を支払い、日本語学校が紹介するア ルバイト先で働くことにした。

◆深夜勤務掛け持ちで借金返済と学費稼ぐ

アルバイト先となったのは、コンビニやスーパーで売られる弁当の製造工場だ。留学生のアルバイト先と聞けば、コンビニや飲食 チェーンなどを思い浮 かべる方も多いかもしれない。だが、来日して間もない日本語の不自由な留学生には勤まらない。そのため彼らは、語学力の要らないアルバイトに就く。コンビ ニ弁当の製造工場、宅配便の仕分け現場、新聞配達といった夜勤の肉体労働が典型的だ。いずれも日本人が嫌がって寄りつかない最底辺の仕事ばかりである。

フーンさんは週3日、コンビニ弁当の製造工場で働き始めた。勤務時間は夕方5時から翌朝3時までの夜勤である。時給は22時までが900円、以降は 深夜手当がついて1120円と、工場のある埼玉県の最低賃金をわずかに上回る程度に過ぎない。実働9時間で1日9000円。1カ月働いても11万円ほどに しかならなかった。

ブローカーが言っていた「月20万—30万円」には程遠い金額である。もちろん、「月11万円」でも生活はできる。だが、フーンさんには借金の返済がある。加えて、翌年分の学費も貯めていかなければならない。彼女は2つ目にアルバイトを探すことにした。

留学生のアルバイトには、法律で「週28時間以内」との規定がある。しかし、守っていれば日本での留学を続けることは難しい。フーンさんに限らず、借金を背負い来日する留学生に共通する悩みである。

2つ目のアルバイト先となったのが。宅配便の仕分け現場だ。アルバイトをかけ持ちすれば「週28時間以内」という法律に違反してしまう。だが、留学生を雇う側も、留学生を詮索しようとはしない。人手不足のなか、せっかく見つけたアルバイトに逃げられては困るからだ。
次のページ:仕分け現場での仕事は週3日...