右に見えるアパートはブロックが積まれたままで外壁工事が未完なのに入居している。2008年6月平安南道にてペク・ヒャン撮影(アジアプレス)

右に見えるアパートはブロックが積まれたままで外壁工事が未完なのに入居している。2008年6月平安南道にてペク・ヒャン撮影(アジアプレス)

<北朝鮮 市場経済の拡大>記事一覧

4 不動産の市場取引

4-1 定着した国有住宅の闇取引

社会主義を標榜する北朝鮮では、土地や住宅などの不動産は共同所有が原則であり、党や政府機関、企業所が、住宅を勤労者に無償で提供することになっている。しかし、現実には住宅は売買の対象になっており、都市部でも農村でも、金を出さないと住まいを手に入れられなくなっている。

住宅事情の悪化にもかかわらず、国家が住宅を供給できなくなったために闇取引が始まったのだが、これは、食糧配給制が麻痺して闇市場が拡大したのと構図は同じである。

北朝鮮では土地は国家所有で、住宅も1958年の「社会主義樹立」以前に建てられたごく一部の例外を除いて(日本の植民地時代に建てられた家屋など)、すべて国家と、協同農場などの協同団体による社会的所有であり、売買・賃貸・抵当(家を借金の担保にとること)はいずれも禁止されている。※1958年、金日成は都市手工業と資本主義的商工業の社会主義的改造が完了したと宣言した。

朝鮮戦争後の1950年代後半にベビーブームが起こって以来、北朝鮮ではずっと深刻な住宅難が続いてきた。この「戦後世代」が結婚年齢に到逹した80年代、人口増に国家の住宅供給がまったく追いつかなくなった。特に都市部では、二世帯同居、一間をカーテンで仕切って二家族が使うということも珍しくなかった。

続きを見る...

<北朝鮮 市場経済の拡大>記事一覧

参考文献
「北朝鮮内部からの通信リムジンガン」第2号 2010年3月(アジアプレス出版)「북한에서의 주택가격결정요인에 관한 분석-함경북도 무산지역의 사례를 중심으로」(北韓の住宅価格決定要因に関する分析―北道茂山地域の事例を中心に)チョン・ウニ 東北亜経済研究第25巻第2号 韓国東北亜経済学会 2013年6月 p243-p277

「북한 부동산시장의 발전에 관한 분석 -주택사용권의 비합법적 매매 사례를 중심으로-」 (北韓不動産市場の発展に関する分析―住宅使用権の非合法的売買事例を中心に)チョン・ウニ 東北亜経済研究第27巻第1号 韓国東北亜経済学会 2015年3月p289-p328

 

【関連記事】
<北朝鮮>不動産取引の怪1
<北朝鮮・壊れる社会主義>売買される国家住宅
<連載>北朝鮮への人道支援はどうあるべきか ~役立つ支援と有害な支援~1 北朝鮮は「脆弱国家」である 石丸次郎