――「横枝」としても、兄なのに殺したりできますか? もし北朝鮮の犯行なら、なぜ殺したと思いますか?

B 叔父(張成沢)でも殺すのに腹違いの兄ぐらいは…。張成沢は反乱容疑で殺しましたが、よく分かりませんが、家族(正男)がいること自体が不都合だったのでしょう。父親から財産ではなく国を譲り受けて、その座を「横枝」に奪われることを恐れて殺したのでは? 太陽が二つあってはならない、というのと同じ理屈ではないでしょうか。しかし、なぜ騒ぎになるのに外国で殺したんでしょうね。兄弟なのに、邪魔だから殺すなんて私にはできない。

――国内の雰囲気はどうですか?

(金正男殺害が)なくとも、今、幹部たちはぶるぶる震えています。下級の幹部らはともかく、上級幹部たちは、いつ落ちるか(粛清されるか)分からないので、おべんちゃらに精一杯です。下の連中も、皆それに倣っています。(幹部たちは)自分の出世しか考えず、そのために賄賂を使います。どうすればお金を着服できるかしか考えておらず、仕事なんか何もしない。(社会が)何がどうなっても関係ないんです。
関連記事:金正恩に逆らった張成沢 写真に現れていた粛清の理由

「兄殺し」の非難拡散か

金正男氏殺害に関する情報は、中国国境を通じて国内にどんどん流入していくだろう。また韓国政府は、軍事境界線付近で大型拡声器を使った対北宣伝放送で、金正男氏殺害事件を扱うとしている。

2013年12月に張成沢氏を処刑した際、「叔父殺し」という道徳的非難が金正恩氏に向けられた。金正男氏殺害の真相はまだ明らかではないが、事件は北朝鮮内で「金正恩氏による兄殺し」と意味づけられて拡散していくだろう。金正恩氏の統治者としての評価は大きく傷つく可能性が高いと見る。

【合わせて読みたい記事】
<北朝鮮住民>金正恩氏に厳しい評価続々「祖父の真似ばかり」「若造」「デブ」呼ばわりも
<北朝鮮内部>厳戒の朝中国境 北朝鮮の「同僚」からの連絡
<北朝鮮写真報告>哀れな女性兵士たちの素顔 (2) 母親が心配する軍内のセクハラと栄養失調

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…