心情はいかばかりか。韓国から戻った与正氏をねぎらう金正恩氏(労働新聞より引用)

平昌五輪が終わった。北朝鮮からは、選手、応援団、楽団、そして金与正(キム・ヨジョン)氏ら高官含め総員約500人が韓国にやってきた。

もっとも滞在が長かったのは、急遽単一チームに参加することになった女子アイスホッケーの選手たちで、1月25日から33日間滞在した。数万のカメラを向けられたであろう女性応援団は約20日間、金与正氏は二泊三日だった。

陸海空路で韓国にやって来た北朝鮮の一行は、目と鼻の先の韓国の現実を見て度肝を抜かれたのではないだろうか。訪問団のほとんどは、敵だと教えられてきた韓国人に直に接したのは生まれて初めてだったはずだ。韓国の人々の堂々として明るく、自由で自然な振る舞いと表情、体格の良さ、街中の明るさ、立派に運営された大会と洗練されたセレモニー。いやでも彼・彼女らは新鮮な衝撃を受け、それは脳裏に刻まれたはずである。

ショックを受けたのは与正氏も同様だろう。与正氏は十代の5年間をスイスで過ごしている。2011年2月には兄の正哲(ジョンチョル)氏と、シンガポールでエリック・クラプトンの演奏会を観覧したりもしている。北朝鮮においては、一切の統制受けずに外国のテレビ、インターネットを自由に見られるスーパー特権層だ。

しかし、世界最大の冬季スポーツ大会の華麗な開会式の現場に身を置き、今の北朝鮮には絶対にまねできないことを痛感したはずである。北朝鮮でもスタジアムを使った大規模イベントをやるが、軍事パレードやマスゲームなどは50年前からほとんど代わり映えしない代物ばかりだ。
次のページ:五輪に備え髪型まで取締り...