<匿されし北朝鮮の最高綱領>記事一覧

 

新「十大原則」第五条には新たに「遺訓貫徹」と「核武力」が登場した。

  • 「遺訓貫徹」

「偉大な金日成同志と金正日同志の遺訓、党の路線と方針貫徹において無条件性の原則を徹底して守らなければならない」

昔も現在も北朝鮮は金日成と金正日の国である。二人の首領の意思を引き継ぐこと、「遺訓貫徹」こそが、金正恩を新領導者とする体制に与えられた最重要の使命だと位置付けられている。金日成-金正日の遺訓が、にわか仕立ての新領導者の権威の源泉となり、後継の正当性の根拠を与えるものだからである。

一方で金正恩は、金正日亡き後の北朝鮮国家・社会を、どのようなものにしていくつもりなのか。思想、経済、文化、軍事、外交、統一・対南関係などあらゆる分野で、国民に提示でたものはほとんどなかった。自ら方向性を示せていない以上、現在の制度を維持し統制を保つためには、引き続き金日成―金正日が示した教示や方針の貫徹を求める最重要とならざるを得ないのだ。

  • 「核武力」

新「十大原則」の序文に「核武力を中枢に据えた無敵の軍事力と、堅固な自立経済を持った社会主義強国として、威力を轟かせることとなった」という一文が登場した。核兵器開発を金正日時代の特筆すべき実績として誇り正当化している。北朝鮮社会における最上位の規範である新「十大原則」の中に「核武力」が明記されたことで、金正恩政権が自ら核開発を放棄する可能性は極めて低くなったと考えるべきだろう。

憲法や労働規約は、国際関係や経済環境、政策のの変化に応じて、いくらでも変えることができるし、改定の提案を党内や側近で検討することが可能だが、新「十大原則」は、金正恩以外に誰も触れることができない最上位の「掟」である。

さて、新「十大原則」が北朝鮮内で初めて公表されたのは、2013年6月19日に金正恩が党、国家、軍隊、勤労団体、出版報道部門の責任幹部たちの前で行った演説においてであった。

「革命発展の要求に合わせ党の唯一的領導体系をより徹底して打ち立てることについて」と題された演説の全文を掲載する。これは、朝鮮労働党出版社から冊子として出版されたが、対外秘とされて、北朝鮮の国営メディアには一切公表されていない。アジアプレスでは、韓国聯合通信から提供を受けた。(石丸次郎)

新「十大原則」が初めて発表され金正恩演説収めた冊子。2013年月(聯合通信提供)

◆金正恩演説全文の前半

「革命発展の要求に合わせ党の唯一的領導体系をより徹底して打ち立てることについて」 金正恩

私は今日、革命発展の要求に合わせ、全党と全社会に、党の唯一的領導体系を徹底して打ち立てることについての重要な問題について話そうと思います。新たな歴史的転換期に入った主体革命偉業は、我が党の領導の下、全面的に継承され、力強く前進しています。今日、我が党の前には、偉大な金日成-金正日主義の旗を高く掲げ、全社会の金日成-金正日主義化を実現するという尊い任務があります。

革命発展の要求に合わせ党を強化し、我われの前にある重大な任務を成果的に遂行するためには、全党と全社会に党の唯一的領導体系を打ち立てる事業を、より深化、発展させていかなければなりません。

党の唯一的領導体系を徹底して打ち立てることは、革命的な党建設の根本原則であり、主体革命偉業の完成のために我われが推し進めるべき最も重要な事業です。

党の唯一的領導体系とは、首領の革命思想を唯一の指導指針とし、首領の領導の下で革命と建設を前進させていく、首領の思想体系であり領導体系です。

朝鮮労働党は偉大な金日成、金正日同志の党です。金日成-金正日主義は我が党の指導思想であり、全社会を金日成-金正日主義化することは、我が党の最高綱領です。

党の唯一的領導体系を徹底して打ち立ててこそ、我が党を永遠に金日成、金正日同志の党として強化発展させ、首領様と将軍様の思想と業績を忠実に継承し、全社会の金日成-金正日主義化偉業を輝かしく実現することができます。

我が党の歴史は、偉大な金日成同志と金正日同志の思想と領導を具現し、党の唯一思想体系、唯一的領導体系を徹底して確立してきた栄光ある歴史です。

我が党が長く苦しい革命の道を歩んできた中で、主体の革命的党としての性格を変わりなく固守し、革命と建設を正しい勝利の道に導いて来られたのは、唯一思想体系、唯一的領導体系を打ち立てる事業を党建設と党活動の根本原則として堅持し、絶え間なく深化、発展させてきたからに他なりません。

偉大な金日成同志は我が党を創建された最初の日から、党の思想的一色化と組織的団結を実現して革命と建設において主体を徹底して打ち立てるための闘争を精力的に導いてこられました。

党の思想的一色化と組織的団結、革命と建設における主体の確立、これは本質において党の唯一思想体系、唯一的領導体系を打ち立てるための闘争でありました。

偉大な首領様の賢明な領導によって、歴史的に続いてきた宗派主義、事大主義をはじめとするあらゆる反党的思想潮流は克服され、党の思想意志の統一と団結が達成され、革命と建設における領導の唯一性が確固として保障されてきたのです。

偉大な金正日同志は、党の唯一思想体系、唯一的領導体系を打ち立てる事業をさらに深化、発展させられ、我が党を名実共に首領の党として建設されました。

偉大な金正日同志は、党中央委員会で事業を始められる際、党内に隠れていた反党修正主義分子たちの策動を断固として暴露粉砕し、党の唯一的思想体系を打ち立てるための事業に真っ先に力を入れられ、我が党を首領の思想体系、領導体系がしっかりと打ち立てられた不敗の革命政党として強化、発展なさいました。

偉大な将軍様は、全社会の金日成主義化が全面に打ち出されていた歴史的時期である1974年4月14日に、古典的労作「全党と全社会に唯一思想体系をより強固に打ち立てよう」を発表されて、党の唯一思想体系、唯一的領導体系を打ち立てる事業において、根本的な転換が起きるようにしました。

偉大な将軍様が歴史的な労作で明らかにされた「党の唯一思想体系確立の十大原則」は、我が党の建設と活動の綱領的規範となり、幹部(活動家)と党員、勤労者の事業と生活における唯一の指針となりました。

「党の唯一思想体系確立の十大原則」が発表されたことにより、全党と全社会に唯一思想体系、唯一的領導体系を打ち立てる事業が、新たな高い段階へと深化、発展し、我が党の強化、発展と主体革命偉業遂行において、大きな変化が成し遂げられました。

党の唯一思想体系、唯一的領導体系を徹底して打ち立てるための闘争を通じ、我が党は偉大な首領と将軍の思想と領導に忠実な、思想的純潔体、組織的全一体、行動の統一体として、人民大衆の運命に責任を持ち、人民のために服務する母なる党として、強力な組織力と戦闘力を持つ不敗の党として強化、発展しました。また、幹部(活動家)党員、勤労者が党と革命に何よりも忠実な主体型の革命家として、党に従い革命の道をしっかりと歩く、首領様と将軍様の戦士として力強く準備され、全社会の一心団結が磐石になりました。

党の唯一思想体系、唯一的領導体系を打ち立てる事業が深化し、党が組織思想的により強化され、党の領導的役割が非常に高くなることで、我が革命は歴史の厳しい試練に打ち勝ち、主体の道に沿って、力強く前進することができ、我が祖国は不敗の社会主義強国として、その尊厳と威容を全世界に轟かせることができました。

今日、新たな歴史的転換期に入った我が革命は、党の唯一的領導体系を打ち立てる事業を、より高い段階へと深化、発展させていくことを要求しています。

我われは、偉大な大元帥様たちを、我が党と人民の永遠の首領として、主体の太陽として高く仰ぎ、全社会の金日成-金正日主義化を力強く進め、偉大な首領様と将軍様の意志のとおり、この地の上に尊厳ある社会主義強盛国家、白頭山大国を栄えさせなければなりません。

党の唯一的領導体系は本質において、偉大な金日成同志と金正日同志の思想と遺訓通り、革命と建設を前進させ、首領様と将軍様の構想と念願を輝かしく実現するための領導体系です。

我が党は革命発展の要求に合わせ、党の唯一的領導体系をより徹底して打ち立てるために、「党の唯一思想体系確立の十大原則」を継承して、深化、発展させ「党の唯一的領導体系確立の十大原則」を打ち出すことにしました。

偉大な金正日同志が作成、発表された「党の唯一思想体系確立のための十大原則」は、偉大な首領・金日成同志を高く仰ぎ奉り、首領様の思想と領導に何より忠実であるための、我が革命の根本欲求と全党と人民全体の意思を反映した綱領的指針であるとし、これまでと同様に、これからも我われの党建設および党活動の根本原則であり続けます。

しかし我が党は、偉大な金日成同志を我が革命の永遠の首領として、共和国の永遠の主席として仰いできたように、敬愛する金正日同志を我が党の永遠の総書記として高く頂き、将軍様の不滅の業績を末永く輝かせ、将軍様が打ち立てられた思想体系、領導体系を継承し、主体革命の偉業を最後まで完成させる、揺ぎ無い信念と確固とした意志をもって「党の唯一的領導体系確立の十大原則」を新たに改定することにしました。

「党の唯一的領導体系確立の十大原則」は「党の唯一思想体系確立の十大原則」の全面的継承であり、その深化、発展であります。

「党の唯一的領導体系確立の十大原則」は、偉大な首領様と将軍様の思想と偉業を継承し、首領永生事業を輝かしく実現するための、歴史的な闘争に臨む基本原則と要求を明かしたものです。

新たに制定した「党の唯一的領導体系確立の十大原則」は以下の通りです。(新「十大原則」の全文は省略)