◆ここまで言うか! 文大統領への下劣な罵り

文書は次のような鉄道労働者の怒りを伝える文句で始まる。

幹部と党員、そして勤労者の中で、我が共和国の最も神聖な尊厳と権威に挑戦し、我が人民を愚弄したゴミと傀儡逆賊輩党を無慈悲に懲罰しなければならないという反映が提起されています

そして、各界各層からの文大統領を品なくこき下ろす言葉が並ぶ。

脱北者人間のクズと文在寅のアホを、遅きに失したと後悔させる必要がある

(韓国に散布する予定のビラの図柄について)
卑怯で憐れな文在寅の汚らしい顔を骸骨の面で作るか、我われのミサイルが奴のドタマをぶち壊すように描いて、我われの激昂した心情をより強く表現してもらいたい

内部文書の一部 「卑怯で憐れな文在寅の汚らしい顔を骸骨の面で作るか、我われのミサイルが奴のドタマをぶち壊すように描いて、我われの激昂した心情をより強く表現してもらいたい」

 

人間のクズと背信者の連中を掲載したビラには、タバコの吸殻ではなく糞をべったり塗って青瓦台(大統領府)の小部屋に撒けば、気分がすっとするだろう

対南ビラ散布だけでなく、分界線を一瞬で越えて行って、文在寅のヤツのくちばしに糞をひしゃくで注ぎ込んでやりたいが、そうしたところで憤怒はおさまらないだろう

北南共同連絡事務所を丸ごと爆破して空に吹き飛ばしたように、断固たる行動で狂ったクソを食らう犬どもを無慈悲に見る影もなく叩き、最も悽絶な死を与えなければならない

最後に、国内での宣伝事業を展開する方法について次のように述べて、文書は結ばれる。

我々の最高尊厳に手を出した傀儡逆賊輩党に対する報復熱気で沸いている幹部と党員たちと勤労者たちの反映資料を党組織に送り、教養事業を集中的に進めていく

党組織で、幹部と党員と勤労者の中で反傀儡教養をさらに強化し、透徹した主敵観を持って傀儡逆賊輩党に対する報復聖戦に積極的に奮い立たせるための宣伝扇動事業を様々な形式と方法で強力に展開するようにする