アスベスト(石綿)含有が明らかになった不二貿易(北九州市)の珪藻土バスマット11製品について、同社は自主回収の対象製品の見分け方を公表した。アスベストを含む可能性のある製品はヤマダ電機など44社で販売されていた。(井部正之)

自主回収となった不二貿易の輸入品11製品(イズミ、ヤマダ電機、グッディ含む44社で販売)の詳細

◆ヤマダ電機ら44社で販売

同社は不二貿易は2018年5月から珪藻土製品を輸入・販売していたが、11月下旬に珪藻土バスマットなどからアスベストを検出した事例が発覚したことを受けて分析を実施した。12月28日、今年7月以降に販売していた11製品から重量比0.1%超のアスベストを検出したとして自主回収を発表した。

厚生労働省化学物質対策課によれば、同社製品は家電大手・ヤマダ電機やホームセンターのグッデイ、西日本でスーパーを展開するイズミなど計44社で計2万3658個販売していた。

回収対象品はサイズや柄、角の形状、表面の凹凸などから判断できるとして、不二貿易は見分け方を公表している。

不二貿易とヤマダ電機、イズミは、該当製品を持っている場合、ビニール袋に2重に入れて、テープなどで密閉。購入店舗まで持って行けば回収して返金する。店舗への持ち込みが難しい場合、改めて回収方法を知らせる。グッデイは珪藻土製品へのアスベスト含有は発表しているが、12月28日午後10時現在、回収方法などは公表していない。

問い合わせは不二貿易お客様窓口0120-115-668(フリーダイヤル)、ヤマダ電機0570-078-181(通話有料)、イズミお客さま相談室0120-664-687(フリーダイヤル)まで。