ロックダウンされた恵山市。中国側から撮影した。2010年7月 撮影アジアプレス

◆外出禁止に市場閉鎖、配給もなし

北部の両江道の恵山(ヘサン)市が、新型コロナウイルス対策を理由に1月29日から封鎖された。住民たちは一切の外出が禁じられている。当局が通告した封鎖期間は30日。市場が閉鎖されて食料品が購入できなくなり、住民たちはたちまち飢えに直面する恐怖におののいている。封鎖から8日目の2月5日、恵山市に住む女性にインタビューした。(カン・ジウォン/石丸次郎)

◆密輸事件だけで金正恩氏が封鎖を直接指示か

恵山市は両江道の道庁所在地で、鴨緑江を挟んで中国と向き合う貿易拠点の一つだ。推定人口は20万人。その恵山市が封鎖されたのは、新型コロナウイルスの感染者が出たからではない。安全局(警察)は、中国との密輸事件が摘発されたからだと住民に説明している。

建前上は、密輸が根絶されていないため中国からコロナが流入した可能性があるというわけだ。恵山市居住の取材協力者たちによれば、1月に入ってから住民が中国に逃亡を図る事件も度々発生しており、金正恩氏が「恵山は不法行為が多い」と批判、封鎖を直接指示したものと現地では受けとめられている。恵山市は昨年11月にも金大量密輸事件が発覚して20日間封鎖されていた。

以下は恵山市の取材協力者が伝えてきた封鎖下の状況だ。
次のページ: ◆人民を窒息死させようとしている... ↓