北朝鮮でも拡散中のドラマ「愛の不時着」のワンシーン (Netflix)

ついにと言うべきか、とうとうと言うべきか。韓国ドラマ「愛の不時着」が、北朝鮮国内で拡散し始めている。

北朝鮮では、韓国のドラマや映画の視聴、流布は厳罰に処される。2020年12月に制定された「反動思想文化排撃法」の最高刑は死刑だ。にもかかわらず、北朝鮮の人々は見るのをやめない。

愛の不時着」は、いったいどのようにして流入し、人々は禁断の南北朝鮮間のロマンス劇をどう見たのだろうか? 長年一緒に取材をしてきた北朝鮮に住む取材パートナーたちに訊いてみた。※連絡には北朝鮮に搬入してある中国の携帯電話を使った。

関連記事越境する韓ドラに感動して泣いた北の人々 「愛の不時着」は北朝鮮でも流行るか?

◆韓国女性が「人民班長」する場面に爆笑

筆者が3~4月にかけて調査したのは北部地域に住む取材協力者の4人。実際に「愛の不時着」を見たのは一人だけだったが、残り全員も知っていた。まず、「めちゃめちゃ面白かった」と言うAさん(女性)の感想を紹介しよう。

――どうやって入手したのですか?

A 知り合いの幹部にこっそり頼んで回してもらいました。全部はまだ見ていません。少し残っている。

――「愛の不時着」で印象深かった場面は?

A  韓国の女優が「人民班長」役をするのを見てゲラゲラ笑いました。ジャガイモとおこげを食べてましたね。それから、こちらの軍人たちが韓国に下りて行って任務を遂行する場面は、はらはらしてめっちゃ面白かった。韓国にも蒸し風呂のようなものがあるんですね。こちらで言えば沐浴湯(銭湯)。その場面もすごく面白かった。

※人民班は最末端の行政組織。戦前の日本の「隣組」に似ている。

――北朝鮮でもたくさんの人が既に「愛の不時着」を見たでしょうか?

A  それは分かりませんね。見たとは口が裂けても言えない。厳罰ですから。見たとしても知らないふりをしないとまずい。でも、「ああこの人、韓国ドラマ見てるな」と感じることがあります。服装や言葉遣い、それから韓国式の料理について話す時。「鶏肉は油で揚げて食べるとおいしいよ」なんて言う人は見ていると思う。

※韓国ではフライドチキンをよく食べる。「愛の不時着」にもたびたびチキン屋が出てくる。

◆密かに「時着(シチャク)」と呼ばれていた

残りの協力者3人は「愛の不時着」をまだ見ていなかったが、このドラマについては聞き及んでいた。Bさん(男性)とCさん(女性)の弁。

B  私はまだ見ていないけれど、「愛の不時着」という、それは面白い南のドラマがあるとよく聞きます。隠語で「時着(シチャク)」と呼んでいます。

――どんなドラマだと噂になっていますか?

B なんでも、北朝鮮の軍人が韓国で暮らして戻って来るドラマだとか。幹部たちがよく見ているみたいです。「秋の童話」(2000年放送)や「天国の階段」(2003~2004年放送)、「幼い新婦」(邦題「マイ・リトル・ブライド」2004年放送)程には大流行していません。取り締まりがむちゃくちゃ厳しいから。

男の子はミッキーマウスが米国のキャラクターと知っているのだろうか? 中国から入るモノを通しても「敵性文化」は流入する。2013年8月恵山市にて撮影(アジアプレス)

C 「愛の不時着」のことは話題になっていますが、処罰が恐ろしくてとても見られませんよ。今、韓国ドラマを見るのは命がけです。

――どれくらい厳しいのですか?

C 以前は一作見たら教化(懲役)1年が相場だったけれど、今は5年だと言われています。5年も監獄にいたら死にますよ。見ているのは力のある幹部か、世間知らずの若い子たちでしょう。最近の若い子たちは、韓国ドラマよりも歌とダンスの動画をよく見ています。若い女の子たちが歌って踊るやつです(Kポップのミュージックビデオだと思われる)。
次のページ: ◆どうやってコロナで厳戒の北朝鮮に流入したのか?... ↓