おめかしした女子中学生。外国の流行の影響は明らかだ。恵山市にて撮影 アジアプレス

 

連載1を読む北朝鮮女性インタビュー(1) コロナ事態で闇の中絶が急増している理由を聞く

北朝鮮で若者を標的にした大々的な思想・文化取り締まり旋風が吹き荒れている。

金正恩氏は4月末に開催された青年組織の行事に書簡を送った。その中に次のような一節があった。

「青年に悪性腫瘍のような反動的思想文化の弊害と悪結果をはっきりと認識させ(中略)、反社会主義・非社会主義的行為を助長したり青年の健全な精神を蝕んだりする些細な要素も絶対に黙過してはなりません」

「悪性腫瘍のような反動的思想文化」とは何か? 韓国のドラマ、映画、音楽をはじめとする外国文化のことだ。これを「退治する」ため、北朝鮮当局は2020年12月に「反動思想文化排撃法」を制定している。

「南朝鮮の映画、動画、図書、歌、絵、写真などを直接見たり保管したりした者は5年以上15年以下の懲役刑、流入・流布させた者は無期懲役または死刑」というのが概要だ。死刑までちらつかせて、若者に韓国文化に触れさまいと躍起になっているわけだ。

では、当の若者たちはどんな意識なのだろうか? 5月初旬、北朝鮮北西部に住むPさんに話を聞いた。彼女は高級中学(日本の高校に該当)に通う娘がいて、「今どきの若者」の意識と行動をよく知る人物だ。当局の若者への取り締まり動向にもアンテナを張っていて、警察や幹部などからの情報収集も欠かさない。なお、彼女との連絡には、搬入してある中国の携帯電話を使用している。

関連記事<北朝鮮内部>韓流ドラマ見ただけで男女高校生10人を拘束 500人の前で糾弾

◆韓流厳しく自らSEX動画の撮影も

――韓国ドラマや音楽への取り締まりが厳しいそうですね。

P 新しい法律ができて大勢捕まりましたよ。4月には、私の近隣の●●中学校の生徒3人が捕まっています。少年教養所(少年院)に送られることになるかもしれません。

――若者たちも恐ろしくて韓国文化を避けているのでは?

P それでも、若い子たちは見るのをやめないでしょうね。好奇心旺盛な年頃だから、見るなといわれるともっと見たくなるようです。「なぜ見たらいけないのか、南の××というドラマには反動的な要素なんてなかったのに」などと不満を言い合っています。むしろ禁止された動画を共有するやり方で流布させています。

若者たちはカリご飯(ジャガイモから澱粉をしぼったカスとトウモロコシ粉を混ぜた食べ物。最低の食事の代名詞)しか食べられなくても、お金を作って韓国の動画を手に入れようとします。

――取り締まりは効果がない?

とはいっても、出回る外部の映像は少なくなりました。そのせいか、最近では若い子たち自ら携帯電話で撮影したSEX映像を回し見するのが流行っているんですよ! 顔を隠して撮っているので、もし映像が発覚しても、道で拾ったとか、見ていないと言って反論するそうです。それで、最近は映像を見ていなくても持っているだけで処罰すると(当局者は)警告しています。