日本維新の会の馬場伸幸共同代表(場は衆議院議員のHPより)

 

先の衆議院選挙で「身を切る改革」を掲げて議席数を約4倍にして躍進した日本維新の会。その共同代表に就任したばかりの馬場伸幸議員が代表を務める政党支部が、法律で決められた上限額を超える寄付を受けていたとして、政治資金規正法違反の疑いで大阪地検に12月10日、刑事告発された。(鈴木祐太・フリーランスジャーナリスト

告発したのは「政治資金オンブズマン」のメンバーら11人で、告発されたのは、「日本維新の会衆議院大阪府第17選挙区支部」(以下、第17支部)、及び「第17支部」代表の馬場伸幸日本維新の会共同代表ら二人。そして、寄付をした投資家で旧村上ファンド代表だった村上世彰氏。

告発状によると、「日本維新の会」本部は2020年10月26日に村上世彰氏から2000万円の寄付を受けた。その翌日の27日に「第17支部」は150万円の寄付を同じく村上氏から受けた。「第17支部」は日本維新の会の下部組織にあたる政党支部のため、「日本維新の会」全体としては二日間で2150万円の寄付を受けていたことになる。

◆上限超える寄付金受け取っていた

政治資金規正法では「一人の寄付者ができる寄付の年間限度額は2000万円まで」と個人寄付の総額が制限されている。その上で制限の対象となる政治団体の本部と支部は一体であるとしている。つまり、「日本維新の会」本部と「第17支部」は一個人からは合わせて2000万円までしか寄付を受けることができない。「日本維新の会」及び「第17支部」が受けた寄付はこの上限を超えており違法である。

「第17支部」の代表を務める馬場伸幸氏は、寄付を受けた当時日本維新の会の幹事長を務めていた。政党の幹事長と言えば、人事権と予算を握るポストだ。そのため、党本部が村上氏から2000万円の寄付を受けていたことを知りえる立場にあったにもかかわらず、法の制限を超える寄付を受けていたと告発状では指摘している。

馬場共同代表が公表した弁明の文書。「ミス」だとしている。

◆維新は収支報告書を訂正

日本維新の会は8日、「第17支部」が受け取った寄付は馬場氏の個人後援会である「馬場伸幸後援会」が受け取ったものを誤って「第17支部」の収支報告書に記載したと発表。すでに政治資金収支報告書の訂正は終わっているとしている。

しかし、「馬場伸幸後援会」は2015年以降、個人からの寄付を受けていないことが政治資金収支報告書から確認できる。個人からの寄付は「第17支部」でしか受け付けていないため、誤って記載するということがあるのだろうか、と告発人らは疑問を呈する。
次のページ: 告発人らが10日に馬場氏らを刑事告発した後... ↓