(参考写真)銃を携行して中国との国境警備に動員された民間人。「労農赤衛隊」と思われる。2017年9月末に平安北道を中国側からパク・ヨンミン撮影(アジアプレス)

◆情報拡散し銃撃に怒りと反発

12月初旬に中国に越境しようとした3人を北朝鮮の兵士が銃撃し死者が出た事件から約10日が過ぎた。銃撃があった両江道(リャンガンド)では、事件に関する情報が広く拡散し、住民たちの怒りを買っている。(カン・ジウォン

◆1人は即死か

事件は鴨緑江上流の金正淑(キムジョンスク)郡で発生した。両江道に住む複数の取材協力者によれば、凍結した川を徒歩で中国に越境しようとした3人に国境警備の兵士が発砲、1人がその場で即死し、2人は逮捕されたという。

事件を伝え聞いた住民の間からは憤怒の声が上がっている。両江道に住む取材協力者たちが聞き取った意見を紹介したい。

◆越境は最後の手段だったはず

「国から脱出しようとした人を当局は『背信者』だと批判・宣伝するが、今回は、住民たちは皆、同情して怒っています。もう暮しは限界。多くの人が飢え、寒さに震えていますが、解決する方法がないのを知っているから。(渡河しようとした3人は)どれだけ辛い決心をしたことか。政府は人民の困窮に何の対策もせず、統制だけを厳しくしている。挙句に撃ち殺すなんて」(市場の商人)
次のページ: 「何も殺さなくてもいいではないかと...