[柳本通彦] 台湾海峡天氣晴朗なれど No68

【1994年市長選挙で街頭演説する陳水扁/撮影:筆者】<FONT

「Xデー」 その1
陳水扁前総統はいつ身柄を拘束されるのか…、現在、台湾中がそのXデーを待っているところだ。
はや、もう2年も陳水扁総統とその一家の疑惑騒動が続いているが、ご夫婦も実子もいまだに一度も身柄を拘束されたことがない。ただ出国禁止の対象になっているだけである。

しかし、すでに関係者多数が参考人として呼び出され、うち9人が起訴され、3人が拘置所に入っている。その3人とは、陳水扁の側近中の側近と、妻呉淑珍の学友である。

捜査の範囲は、彼らの友人グループにまで広がっているが、一方で、その包囲網は縮まってきたともいえる。いよいよ捜査は核心に迫りつつある。Xデーは近い。焦点は国費流用の確証がつかめるかどうかである。

こうした切羽詰った時期になって、陳水扁は必死の反攻に打って出ている。地盤の南部で「支援」集会を連日立ち上げ、「準備はできている。逮捕する気なら、俺のところにまっすぐ来い」と豪語し、これは政治弾圧だ、あれは政治資金だ、「自分は馬英九時代*最初の政治犯になるんだ」と開き直る。

例えば…、「小豆島独立!」などと称して高齢者から資金を集めていたペテン師が摘発されたとしよう。ところが逮捕されたペテン師は、これは詐欺ではない。ほんとうに独立するつもりだったんだと居直ったらどうなるか。あるいは、逮捕目前の国家元首が、「これは政治弾圧だ」と民衆をあおり、暴動をもってそれを阻止しようとしているようにも見える。
次のページへ ...