若き日の金正日。(わが民族同士HPより)

若き日の金正日。(わが民族同士HPより)

三代世襲は困難 「後継問題」に直面する北朝鮮政権 4
リュウ・ギョンウォン

権力後継が困難な八つの理由(承前)
[5]がんじがらめの「一〇大原則」
金日成の最初の首領後継候補者は、実弟の金英柱(キム・ヨンジュ)だった。その彼が制定したのが「党の唯一思想体系確立のための一〇大原則」であった。

これは要するに、金日成を絶対化するための掟であり、法律を凌ぐ朝鮮の最高規範である。
その後、有力な首領後継候補者となった金正日が、一九七四年四月にこの「一〇大原則」を自分に有利なよう改訂した。これは後継者が自らの統治のために、首領に対する偶像化と民衆の愚昧化を進めるものであった。

その内容は、首領の神格化で一貫したエセ宗教的戒律である。「何の心配事もなく、喜びを享受し、安泰でなければならない」存在の首領の基本的役割は次第に、自身の後継者を激賞することになっていった。
(以下、引用)

党の唯一思想体系確立のための一〇大原則(前文略、抜粋)
(1)偉大なる首領金日成同志の革命思想で全社会を一色化するために、命をかけて闘争しなければならない。
(2)偉大なる首領金日成同志を忠誠で敬愛、崇拝しなければならない。
(3)偉大なる首領金日成同志の権威を絶対化させなければならない。
(4)偉大なる首領金日成同志の革命思想を信念として受け入れ、首領の教示を信条化しなければならない。
(5)偉大なる首領金日成同志の教示執行において、無条件性の原則を守らなければならない。
(6)偉大なる首領金日成同志を中心とした全党の思想意志的統一と革命的団結を強化しなければならない。
(7)偉大なる首領金日成同志に習い、共産主義的風貌と革命的事業方法、人民的事業手法をもたなければならない。
(8)偉大なる首領金日成同志から付与された政治的生命を大切に守り、首領の大きな政治的信任と配慮に対して、高い政治的自覚と技術に立脚した忠誠心をもって報いなければならない。
(9)偉大なる首領金日成同志の唯一の領導の下に、全党・全国・全軍が終始一貫して変わらず活動できる強力な組織規律を確立しなければならない。
(10)偉大なる首領金日成同志が開拓した革命偉業を代々受け継ぎ、最後まで継承して完成させなければならない。

(以上、引用)

次のページへ ...