[6]「党の唯一的指導体制」
世界中のほとんどの国家では現在、内閣で提案し、議会で批准、執行する国家の意思決定機構が機能している。
しかし朝鮮では、各権力機関と部署の各々によって提議書が作成され、「金正日機関」(注1)に上程され、批准・執行されるという特殊な意思決定構造になっている。

これが一〇大原則によってがんじがらめになっている、金正日が全てを指導する体系=「党の唯一的指導体制」なのである。
この「提議書→方針」のやり方で一九七〇縲恃ェ〇年代以降、政策的に成功したものは何一つない。
いや、一つだけある。成功したのは独裁政権の維持だけだろう。だがその結果が一九九〇年代の大混乱であり、現在は治癒の難しい後遺症の中にいる。
「棄てれば死、守れば勝利」という現政権のスローガンは、「党の唯一的指導体制」を手放すことも遵守することもままならない、今の制度と政権を実に上手く表している。

現政権が唱えている先軍政治と、全社会を党が組織する体系とは矛盾するのである。この矛盾は、社会を押しても引いても動かないぬかるみに突き落とした。
この唯一指導体制の問題点は、苦しい時は人民の怨みと憎悪の矛先が、唯一の指導者に向けられるということである。
社会がうまくいっている時には、「党の唯一的指導体制」は栄誉を独占し、奸臣たちが私腹を肥やす手段となるが、社会が衰退した時には、歴史と人民の審判を一身に受けなければならない唯一の指導者に対する罠と化すのだ。これもまた、明らかに金正日の跡を継ぐことを困難にする原因になろう。
(つづく)

注1 「金正日機関」とは、必ずしも金正日個人と一致しない。例えば、国際社会で「第四夫人」といわれている金玉(キム・オク)が秘書として出入りしている秘書室の別名は「方針課」である。金日成が首領だった時も、その発言が教示となるためには「方針課」のような「批准機構」の承認が必要であった。そして現在、金正日の周囲に存在するこのような意思決定機構を「金正日機関」と筆者は呼んでいる。

<金正日「異変発生」後の北朝鮮>一覧

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…