金正日と並んで座る金正男。80年代半ば撮影と思われる。金正男の伯母の成恵琅氏(後方左)が公開した写真。

金正日と並んで座る金正男。80年代半ば撮影と思われる。金正男の伯母の成恵琅氏(後方左)が公開した写真。

三代世襲は困難 「後継問題」に直面する北朝鮮政権 5
リュウ・ギョンウォン

権力後継が困難な八つの理由(承前)
[7]後継するのはボロボロになった朝鮮

◆破綻した経済
朝鮮の経済破綻は今や全世界が知るところである。その原因の筆頭が特権機関による経済分断にあることは、すでに述べた。

さらに具体的に見ていくと、朝鮮に独特の労働制度に大いに問題があることわかる。朝鮮の経済は「配給労働」と「動員」に基づいて成り立っている。

他の社会主義国では賃金労働が存在し、市場経済の国ほどではなくとも、労働者家庭でも貯蓄が可能であった。計画経済の下でも、少なくとも賃金労働によって私的な富を生み出すことができたわけである。

しかし、朝鮮経済における「配給労働」は絶対に家計において蓄積が不可能な前近代的な労働方式である。
一方、「動員」は、家計にもそうであるが、企業の経済にとっても害悪である。

計画経済下の企業になんの保障もなく物資を供出させ、労働力を「動員」させるのは、前近代的な強制収奪に他ならない。
まさにこのような経済のやり方が、党と国防委員会による各種の「動員」なのである。現代社会において、このような生産方法で世界的な国家競争力を持つことなど想像することもできない。
時代遅れのまるで「奴隷制社会」のような生産方式をも継承したいという者がいるなら、これもまた世間の笑いものではないだろうか。
次のページへ ...