◆ 物乞いする軍隊、生理がとまる女性兵士  キム・ドンチョル
若い兵士たちがわが家のドアを叩いて「食べ物を分けてほしい」「何か仕事をさせてほしい」と懇願するようなことが何度かあった。他所に住む知人たちも自分の家にもよく来ると言っていたので「兵士の物乞い」が増えているのは間違いないだろう。

一一年になって食糧だけでなく塩がないのも深刻だ。軍のおかずなんて塩づけした白菜や干し菜の汁ぐらいだが、上部から塩がちゃんと供給されず、味付けができなくて、兵士が無塩の食事なんかできないと不満が出ているそうだ。それで実家からお金が送られてくると塩や化学調味料を買って自分用にポケットに入れて持ち歩いているという。

女性兵士たちも痩せて本当にかわいそうだ。げっそりして軍服がぶかぶかになってしまったのが大勢いる。胸もぺったんこだ。知り合いの娘が軍に服務中でその本人に話を聞かせてもらったのだが、入隊してしばらくすると大半が栄養不足で生理がとまると言っていた。

逆に生理があると、軍医から呼ばれて「ほとんどの人は生理がないのに、同じものを食べて、同じ訓練をしているのに、なぜ生理があるのか調べたい」と言われたという。その娘は、部隊内のことは絶対に口外するなときつく教育されていると言っていた。

栄養失調になった兵士たちは、自由時間でも部隊から外出を禁止されているそうだ。一般住民に恥をさらすことになると考えているんだろうけれど、もう軍人が栄養失調だなんて世間が皆知っていることなのに。

春の入隊の季節になると、子どもを軍隊に送る親は泣く。別れが悲しいからではなくて、軍隊で飢えることになる子どもの身の上を案じて泣くのだ。

<飢える朝鮮人民軍、その実態と構造>一覧