総連活動家として人生を捧げたお父さんのヤン・コンソンさん。映画の完成を見ることなく世を去った。

総連活動家として人生を捧げたお父さんのヤン・コンソンさん。映画の完成を見ることなく世を去った。

 

◆両親の反応
石丸:様々な圧力、軋轢とは、どう向き合って来たんですか?周りもうるさかったと思うんです。ヤンさんの中に葛藤が生じないはずがない。では、そんな軋轢や葛藤をどういうふうに克服して今に至ったんでしょうか?ご両親は「お前、いい加減にやめとけ」と言いませんでしたか?
ヤン:アボジ(=お父さん)はね、『ディア・ピョンヤン』観られなかったんです。アボジは倒れた後、病床で目を開けられなかったんで、テレビも何も見られなくなったんですね。だから、「アボジ、映画完成したで。ずっとカメラ回してたやろ。作品は世界中回ってて、いろんな国の人が見てくれてるよ。アボジ、結構人気者やで」という報告をしました。

石丸:二作とも韓国でも上映されましたね。
ヤン:そう。「韓国でも上映した」って言ったら、その瞬間、パチッと目が開いたんですよ、ずっと目をつぶってたのに。そして、「あいつら、韓国の人ら何て言うてた?」って。「アボジ、すごい韓国でも人気やで。アボジの思想は大嫌いやけど、アボジとお酒飲みたい言う人多いねん。アメリカにも。皆、(平壌にいる姪の)ソナはかわいいし、ピアノもうまいって言うてはるよ」と伝えたら、「お前は大胆なやっちゃなあ」って言ってました。

石丸:(笑)
ヤン:その時にね、「もう東京帰って仕事がんばるけど、ヨンヒはヨンヒのやりたいことするよ。アボジ、オモニ(¬=お母さん)に迷惑かかったり、アボジが喜ばへん仕事かもしらんけど、ごめんな」って言ったんです。そしたらアボジ、「お前が決めたことを、とっとこしたらええ」って言ったんですよ。

石丸:オモニは?
ヤン:オモニは、もうほんとに複雑なんですよね。勉強できたのに貧乏でね、中学ぐらいしか行けなかった人でしたから、私がアメリカまで行って大学院出たっていうのも、自分のやりたいことをやってるっていうのも喜んでるし、本名でテレビ出て、新聞出たりすれば切り抜いてます。応援したいし心配やし、みたいなね。「それにしても、相手が大きすぎるやないか。組織とか国とか相手に反抗してもしゃあないし、なんでそんなしんどい生き方するんや」って言うんですよ。

石丸:お母さんにしたら娘が無茶しているように見えて心配なわけだ。
ヤン:「オモニ、あたし反抗なんかしてるつもりないし、するつもりもない。別に組織や国相手に映画作ってるわけやないから、正直に自分の思ってることを言うてるだけやんか。自分の家族の話したいだけやねん。うちの家族面白いやん。家族にとっては迷惑やろうけど」って言ってます。
(続く) 次へ>>

※8/4から封切りされたヤン・ヨンヒ監督作品「かぞくのくに」の上映情報です。
http://kazokunokuni.com/theaters/index.php

「北朝鮮と私、私の家族」 ヤン・ヨンヒ監督インタビュー 一覧

※在日朝鮮人の北朝鮮帰国事業
1959年から1984年までに9万3000人あまりの在日朝鮮人と日本人家族が、日朝赤十字社間で結ばれた帰還協定に基づいて北朝鮮に永住帰国した。その数は当時の在日朝鮮人の7.5人に1人に及んだ。背景には、日本社会の厳しい朝鮮人差別と貧困があったこと、南北朝鮮の対立下、社会主義の優越性を誇示・宣伝するために、北朝鮮政府と在日朝鮮総連が、北朝鮮を「地上の楽園」と宣伝して、積極的に在日の帰国を組織したことがある。朝鮮人を祖国に帰すのは人道的措置だとして、自民党から共産党までのほぼすべての政党、地方自治体、労組、知識人、マスメディアも積極的にこれを支援した。
ヤン・ヨンヒ(梁英姫)映画監督。64年11月11日大阪市生まれ。在日コリアン2世。済州島出身の父は大阪の朝鮮総連幹部を務めた。朝鮮大学校を卒業後、大阪朝鮮高校の教師、劇団女優を経てラジオパーソナリティーに。95年から映像作家として「What Is ちまちょごり?」「揺れる心」「キャメラを持ったコモ」などを制作、NHKなどに発表。97年から渡米、6年間NYで過ごす。ニュースクール大学大学院メディア学科にて修士号取得。日本に住む両親と北朝鮮に渡った兄の家族を追ったドキュメンタリー映画「ディア・ピョンヤン」(05年)、「愛しのソナ」(09年)を監督。著書に『ディア・ピョンヤン―家族は離れたらアカンのや』(アートン新社・06年)、『北朝鮮で兄(オッパ)は死んだ』(聴き手 佐高信・七つ森書館・09年)、『兄―かぞくのくに』(小学館・2012年)。
「ディア・ピョンヤン」で、山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門特別賞、ベルリン国際映画祭フォーラム部門最優秀アジア映画賞(NETPAC賞)、サンダンス映画祭審査員特別賞、第8回スペイン・バルセロナ アジア映画祭最優秀デジタル映画賞(D-CINEMAAWARD)を受賞。
「かぞくのくに」で、ベルリン国際映画祭アートシアター連盟賞、パリ映画祭人気ブロガー推薦作品賞を受賞、他現在も各国の映画祭から招待が続いている。