立岩陽一郎(ジャーナリスト)

-----------------------------------------------------------------------------------

【連載開始にあたって編集部】
新聞、テレビなどマスメディアの凋落と衰退が伝えられる米国。経営不振で多くの新聞が廃刊となりジャーナリストが解雇の憂き目にさらされるなど、米メディアはドラスティックな構造変化の只中にある。 いったい、これから米国ジャーナリズムはどこに向かうのか。米国に一年滞在して取材した 立岩陽一郎氏の報告を連載する

-----------------------------------------------------------------------------------

第2章 非営利ジャーナリズムの夜明け
◆調査報道ワークショップ

調査報道ワークショップ。英語では、Investigative Reporting Workshop、仲間内では略してIRWとかThe Workshop呼ばれる。チャールズ・ルイスがワシントンDCのアメリカン大学に作った機関だ。

前述の通り、CPIを辞めたルイスは暫くハーバード大学ケネディースクールでメディアの在り方について研究している。
その研究の中で得た1つの答えが、このIRWだった。IRWもNPO、非営利ジャーナリズムという意味ではCPIと同じだ。しかし大きく異なる点が1つある。それは大学の付属機関であるという点だ。

IRWは前述の通り、アメリカン大学のメインキャンパスから少し離れた大学の建物に入っている。メインオフィスに入ると直ぐに目に飛び込んでくるのが、映画「大統領の陰謀」のポスターだ。ワシントン・ポストの記者に扮した若き日のロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマンが取材に向かう有名なシーンが出迎える。

その奥へ行くと映画「インサイダー」のポスターも貼られている。CBSテレビの看板番組「60ミニッツ」で実際に起きた特ダネ番組の放送中止を描いた映画であり、ABCテレビ、CBSテレビにわたってルイスの兄貴分だったロウ・バーグマンの活躍を題材にしたものだということも既に書いた。

続きを見る...

<<<連載・第16回   連載・第18回>>>
連載第1回と最新回は、会員でなくてもお読みいただけます。