立岩陽一郎(ジャーナリスト)

-----------------------------------------------------------------------------------

【連載開始にあたって編集部】
新聞、テレビなどマスメディアの凋落と衰退が伝えられる米国。経営不振で多くの新聞が廃刊となりジャーナリストが解雇の憂き目にさらされるなど、米メディアはドラスティックな構造変化の只中にある。 いったい、これから米国ジャーナリズムはどこに向かうのか。米国に一年滞在して取材した 立岩陽一郎氏の報告を連載する

-----------------------------------------------------------------------------------

第2章 非営利ジャーナリズムの夜明け
IRWは毎週火曜日、全体会議を開いていた。ルイスが司会を務め、エディターや記者、テレビ・ディレクターの他、大学院の学生も参加する。そこで各自が取り組んでいる取材について進捗状況が発表し、みなで意見を出し合う。詳細にまで踏み込んだ説明は避けている部分も有ったが、全般的に自由な意見交換の場となっていた。
ルイスが各自に進捗状況を説明するよう促す。指名されたダンバーが現状を報告。通信会社が顧客を欺いていることを示す証拠を入手したことを告げ、その詳細を説明した。
「本当か、それは?」

ルイスも驚きを隠さなかった。楕円形のテーブルの方々から称賛の声が上がった。テレビ・ディレクターのキャサリン・レンツ(Catherine Rentz)が発した言葉は、恐らくその場にいた誰もが思ったことだろう。
「それって、私の家のネットの本当の通信速度もわかるの?」
答えは「Yes」だ。しかし、さすがにその場で「私の家をチェックしてくれない?」と頼んだ人はいなかった。

ダンバーとルイス

ダンバーとルイス

続きを見る...

<<<連載・第18回   連載・第20回>>>
連載第1回は会員でなくてもお読みいただけます。