元教員と秘密警察要員による異色対談の第四弾。今年2月に核実験を強行した後、金正恩政権は「戦争も辞さない」と日韓米を挑発。国民を戦争準備に駆 り立てる一方、連日ミサイル発射の素振りを繰り返し、官製メディアで「戦争勃発」の危機を煽った。だがこの行動は功を奏さず、逆に孤立を深めることにな り、5月以降は国際社会との対話模索に動くに至った。なぜ金正恩政権は戦争挑発という無謀を実行したのか。この大失策を脱北知識人が総括する。

(左から)ハンさん、石丸次郎、チャンさん。 写真 南正学

(左から)ハンさん、石丸次郎、チャンさん。 写真 南正学

○人物紹介
ハン・サンホ(仮名)30代半ばの男性。平壌出身で教育界で長く仕事をしてきた。日本在住の脱北者

チャン・チョルミン(仮名)咸鏡北道生まれ。軍服務の後2010年の脱北時まで国家安全保衛部(情報機関)で勤務した。韓国在住

司会 石丸次郎「北朝鮮内部からの通信・リムジンガン」編集長
石丸:北朝鮮は昨年12月の長距離「ロケット」の発射実験に続き、今年2月には核実験を行いました。北朝鮮指導部は、 こうした一連の動きに対する国際社会の非難にも関わらず、「核戦争も辞さない」という強硬な態度を崩さず、今年の上半期には、朝鮮半島に最高度の緊張状態 を醸成しましたが、結局、金正恩政権の願う通りに情勢は動かず、逆に友邦の中国を遠ざけることになり、対話模索に方針転換しました。その理由をどう見ます か?

続きを見る...

脱北者対論 一覧