九州電力川内原発で、運転再開の前提となる安全審査が優先的に進められている。なぜ川内原発なのか。このまますんなり再稼動に向かうのか。京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さんに川内原発の再稼働推進の背景について聞いた。(ラジオフォーラム

ラジオフォーラムの収録で語る小出裕章さん

ラジオフォーラムの収録で語る小出裕章さん

◆川内原発推進の様々な理由

ラジオフォーラム(以下R);まず、この川内原発について基本的なところを教えていただいてよろしいでしょうか。

小出:はい。九州電力という電力会社は原子力発電所を二カ所に持っていて、初めは玄海という所につくりました。 その次につくったのが川内原発で、鹿児島県の今は薩摩川内市という名前になりましたが、川内川という川の河口に建っている原子力発電所です。1号機が84 年、2号機が翌年85年に稼働を始めました。

R:小出さんは、川内原発に行かれたことはありますか?

小出:川内市には何度も行ったことはありますが、原発の敷地の中に入ったことはありません。

R:川内原発は、事故を起こした福島第一原発の原子炉とは違う型だそうですが。

小出:はい、違うものです。東京電力は沸騰水型(BWR)の原子力発電所を使っていたのですが、九州電力は加圧水型(PWR)という型の原子力発電所を使っています。川内原発もその加圧水型の原発です。

R:川内原発が、再稼動に向けた安全審査の最初の優先枠に選ばれた理由には、事故を起こした福島第一原発の型と違うということも含まれるのでしょうか。

小出:いろいろな理由があると思います。川内原発が福島の事故を起こした原子炉とは型が違うということも、規制 委員会としては取扱いがしやすかったのだろうと思います。また、規制委員会が言っているのは、規制委員会の委員と九州電力との間で、基準地震動、そして基 準津波というものの想定が一応合意に達したということで、これならいけるということになったのだと思います。