金日成の肖像が消えた新紙幣。表面に金日成の万景台の生家。8月に北朝鮮内部で撮影(アジアプレス)

金日成の肖像が消えた新紙幣。表面に金日成の万景台の生家。8月に北朝鮮内部で撮影(アジアプレス)

◇新札発行で一時混乱 ウォン下落で首領の権威失墜を憂慮?

北朝鮮政府は8月1日から新たな5000ウォン紙幣を流通させ、同時に旧紙幣との交換を開始した。5000ウォンは北朝鮮における最高額面の紙幣で、政府は住民に対し、交換期間を「2017年まで」と説明している。

しかし、5000ウォン紙幣の交換が突然の発表された際、住民たちの間で混乱が起こっていたことが、北朝鮮内部での取材で分かった。

新紙幣への交換が住民に初めて伝えられたのは7月24日のこと。北部国境地域に住む取材協力者はアジアプレスとの通話で、
「当局が7月24日に、5000ウォン紙幣を新しいものと交換すると発表したが、『旧い5000ウォン札(旧紙幣)は使えなくなる』という噂が住民に広まり、大きな騒動になった」と明かした。

大多数の北朝鮮の庶民が、市場での商行為を通じて生活の糧を得ている。その市場では、価値の変動が激しいウォンよりも中国人民元が好まれる。最高額 の5000ウォン札といっても、実勢レートではわずか4元(約70円)に過ぎないのが実情だ。先の取材協力者は、24日の当局による新紙幣交換予告直後、 この交換レートが「100元あたり12万5000ウォンから16万ウォンに急上昇した」と語った。約30%も高騰したことになる。

続きを見る...

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…