「川内原発と同型炉なら審査の効率化は可能じゃないですか」と発言したのは、安倍内閣の菅義偉官房長官。川内原発が原子力規制委員会の適合審査を通過した ことで、同原発の加圧水型原子炉と同型の原子炉を使用している西日本(島根原発を省く)のほとんどの原発の審査を簡略化し、それらの再稼働を早められるの ではないかとの考えだ。果たしてこのような審査の簡略化は可能なのだろうか。京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さんに質問した。(ラジオフォーラム)

ラジオフォーラムの収録で語る小出裕章さん

ラジオフォーラムの収録で語る小出裕章さん

◆事故を起こした沸騰水型原子炉

ラジオフォーラム(以下R):菅官房長官が原子力規制委員会との話の中で、川内原発同型の原発は審査の簡略化が可能じゃないかと発言したことについてお伺いします。これはどういうことなのでしょうか。

小出:彼らとしては、なんとしても少しでも早く再稼働をさせたい、審査に関しては出来る限り速やかに完了させたいと思っているわけです。

日本では、2種類の原子力発電所を使ってきました。福島第一原子力発電所で使っていたのは、「沸騰水型原子炉(BWR)」と言います。一方、関西電 力等で使われてきたものを、「加圧水型原子炉(PWR)」と私たちは呼んできました。基本的には同じものなのですけれども、仕組みが違うということもあ り、2種類のものを使ってきました。

福島で事故を起こしてしまった沸騰水型の方は、容易に安全だとは言えないだろうと、恐らく菅官房長官たちも考えているのだと思います。ですから、も う一方の加圧水型(PWR)という原子炉の方を、できる限り早く再稼働させたいと思っているはずです。「川内原子力発電所を安全だと認めたのであれば、他 だってみんな安全だと認めろ」という指示を菅官房長官が発信したのだと思います。

続きを見る...

「小出裕章さんに聞く 原発問題」まとめ