◇香川県出身、夫他界し平安南道で困窮生活

来週にも、北朝鮮政権は「すべての在留日本人の調査」の第一次報告をする。在日朝鮮人の帰還事業(※)で朝鮮人の夫と共に渡航した日本人妻たちもそ の対象となっている。だが、日本人妻には日本の家族と音信不通、行方知れずになった人が多いのが実情だ。彼女たちは北朝鮮で、いったいどんな生を送ってき たのか。北朝鮮人の記者キム・ドンチョルは、香川県出身だという81歳のある日本人妻のもとを訪れ話を聞いた。平安南道の陋屋(ろうおく)にひっそり暮す 日本人妻の姿を報告する。(石丸次郎)

香川県坂出市出身だという日本人女性の家を訪ねた。暗い部屋は敷物が剥がれコンクリートむき出し。家財道具もほとんどない。相当に困窮しているようだ。2010年6月平安南道 撮影 キム・ドンチョル(アジアプレス)

香川県坂出市出身だという日本人女性の家を訪ねた。暗い部屋は敷物が剥がれコンクリートむき出し。家財道具もほとんどない。相当に困窮しているようだ。2010年6月平安南道 撮影 キム・ドンチョル(アジアプレス)

 

2010年6月、アジアプレスの北朝鮮内部の記者、キム・ドンチョルが家を訪ねた時、この日本人のおばあさんは、一人でトランプ占いをしていた。暗 い部屋は床の敷物が剥がれコンクリートがむき出し。薄暗い部屋の中に見える家財らしいものは、白黒テレビ、タンス、掛け時計ぐらいだ。

「香川県、坂出市の出身の81歳」
その日本人の老婆は、身分をそう語った。名前はわからない。

在日朝鮮人の夫と結婚して一児をもうけた。夫が「祖国に行きたい」というので、1960年4月28日に夫とともに北朝鮮に渡ったと言う。資料に照らすと、この日新潟港から第19次帰還船が清津港に出航している。乗客は1061人。

その後の半世紀、彼女が北朝鮮でどんな人生を送ったのかわからない。朝鮮語は片言で「よく話せない」という。日本語もたどたどしくなっている。彼女 が言葉少なに語ったのは、共に北朝鮮に渡った在日朝鮮人の夫に先立たれたこと、息子の家族と同居していること。そして水道も出ず、食糧配給もなく苦しい生 活をしていることだけである。

彼女が熱中していたトランプ占いには、いったいどんな運勢が現れたのであろうか。
以下は、2010年6月に平安南道でキム・ドンチョルが撮影した映像の中のやり取りの抜粋。

Q=キム・ドンチョル
A=日本人妻のおばあさん
次のページ:生まれは香川県、できれば日本に行きたい...

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう