国営商店の前で祝日の特別配給に列を作る人々。2008年9月黄海南道にてシム・ウィチョン撮影 アジアプレス

国営商店の前で祝日の特別配給に列を作る人々。2008年9月黄海南道にてシム・ウィチョン撮影 アジアプレス

 

◇ 統制強化で飲酒・カラオケ厳禁 エボラ対策で商売に支障

平壌から中国国境近くに出てきた取材協力者と11月25日に電話で話した。最新の北朝鮮内部事情について、二回にわたって報告する。
石丸 まず、平壌市民の暮らしの現状についてお聞きしたい。食糧配給は出ていますか?

A 食糧配給は、私の住む●●地域は3か月ずつ遅れているが出ている。黒っぽい白米が多い。中国米ではなく国産だと思う。あとトウモロコシ。

石丸 穀倉地帯の黄海道が初夏の干ばつで凶作だったと言われているが、どうですか?

A  農業については詳しくないが、今年も黄海道の農民に死人が出ているという噂はある。干ばつの影響は黄海道の中でも差があるみたいだ。10月に沙里院(サ リウォン)近郊の××に行ったが、そんなに悪くないと言っていた。平年より良くないのは確かだと思うが、黄海南道が大凶作だという話は聞かない。平壌市内 に食糧難の兆しはない。一方で、果物のできがとてもよかったそうだ。金正日が作った大同江果実農園は去年より1.5倍の収穫だったそうだ。

続きを見る...

平壌の貿易商インタビュー 下へ>>