◇韓国の音楽、文書の流布を当局は厳重警戒
北朝鮮の都市部で普及が進んだ携帯電話。利用者は10%を超えるが、ただ通話だけをしているのではない。写真や音楽、映像や文書を見たり聞いたりするプレ イヤーとしても使われている。しかし、その中身は北朝鮮製コンテンツとは限らない。主に中国を通じて入って来る韓国のコンテンツも密かに見られている。 (リ・ジンス/石丸次郎)
<北朝鮮IT最新事情>記事一覧

まず紹介したいのは、北朝鮮で使われている携帯電話端末でのコンテンツの見方である。Kindleのような専門の電子書籍リーダーではないが、保存してあ るテキストを読むことができる。北朝鮮内部の取材パートナーのチェ・ギョンオク氏が撮影して送ってきたものだ。機種はT65、国内では通称「太っちょ」と 呼ばれている。

写真1 撮影チェ・ギョンオク(アジアプレス)

写真1 撮影チェ・ギョンオク(アジアプレス)

 

「ファイル管理」メニュー一覧。上から「画像」、「音楽」、「ビデオ」、「その他」とある。書籍を読むには「その他」を選ぶ。

写真2 撮影チェ・ギョンオク(アジアプレス)

写真2 撮影チェ・ギョンオク(アジアプレス)

 

「その他」を選ぶと、書籍の一覧が表示される。その中の一つを選んだ状態。表示されている本のタイトル「歴史の中に埋もれていた古墳」。

続きを見る...

<北朝鮮IT最新事情>記事一覧