10日の朝鮮労働党創建70周年を前にして、北朝鮮のメディアは連日にわたり金日成―金正日父子の業績を称え、金正恩氏の偉大性と忠誠を鼓吹する宣伝を繰り広げている。その実、北朝鮮の住民は、金正恩政権が発足してからの3年9ヵ月をどのように評価しているのだろうか?咸鏡北道に住む30代の労働者との電話インタビューを掲載する。(カン・チウォン)

停電で止まっているトロリーバスに「わが国が一番いい」というスローガン。 2013年9月平安南道平城市で チーム 「ミンドゥルレ」撮影

停電で止まっているトロリーバスに「わが国が一番いい」というスローガン。 2013年9月平安南道平城市で チーム 「ミンドゥルレ」撮影

 

記者:金正恩政権なって、良くなった点、変化した点はありますか?
協力者:変わったことは何もありません。 正直に言って、新しい政権が始まった時、多くの人が期待を持った。張成沢(チャン・ソンテク)の処刑後「これで宗派(分派)がなくなったため豊かになれる」と考える人たちもいました。
しかし、平壌(ピョンヤン)はどうか知らないが、私たちには、良くなったことなど何もない。 以前、「貨幣交換」(デノミネーション)の時に、金正日は自分が間違ったのに朴南基(パク・ナムギ)を処刑したように、張成沢にも自分たちの失敗をなすり付けたのでしょう。

一部の住民たちは、金正恩政権の宣伝通りに経済悪化は張成沢による宗派の悪行のためだと理解していたようである。
労働党計画財政部長だった朴南基は、2009年末のデノミが失敗した責任を問われ、銃殺されたとされる。

次のページ:平壌()建設()について地方()住民()たちはどう()っていますか?...