「北朝鮮に記者はいるがジャーナリストはいない」。
「朝鮮中央通信」や「労働新聞」など、国営メディアはあっても、真実を伝える報道機関が存在しないことを端的に表現した言葉だ。その国営メディアの実態は厚いベールに覆われていてよくわからない。まして、そこで働く「御用記者」が何を考え、どのように取材をし、記事を書いているのかはさっぱり伝わってこない。

今回、寄稿文を通じ、北朝鮮の記者生活を明かしてくれたのは、現在は中国で暮らす、ユン・ビョンヒ(尹秉輝)氏(仮名)。北朝鮮北部・両江道恵山(ヘサン)市の放送委員会で8年にわたって報道部記者を務め、2005年に脱北した人物である。なお、文中に登場する彼の上司・同僚たちの名もすべて仮名である。(寄稿 ユン・ビョンヒ 整理/訳 リ・ジンス)

朝鮮労働党中央委員会機関紙の「労働新聞」。北朝鮮の代表的な国営メディアだ。日刊で、紙面は通常六面で構成されている。 (労働新聞ウェブページより)

朝鮮労働党中央委員会機関紙の「労働新聞」。北朝鮮の代表的な国営メディアだ。日刊で、紙面は通常六面で構成されている。 (労働新聞ウェブページより)

卒業は青天の霹靂だった。楽しみにしていた教育実習課程も無くなってしまった。毎年9月1日に入学式と卒業式を一緒に行うのが朝鮮の慣例だったが、私が大学を卒業した1996年からは、4月1日に変更になったのだ。

私たちは、6ヶ月間の教育実習過程を経ることなく、3年6ヶ月で金正淑(キム・ジョンスク)師範大学の朝鮮語文学部を卒業することになった。私はとても運がよかった。

卒業生は通常、高等中学校(注1)の国語文学教員として配置されるのだが、卒業時に「両江日報」、そして「両江道放送委員会」(注2)からの新任記者採用担当が大学に来ていたからだ。それぞれ2人ずつ記者を雇用するとのことだった。当時の競争率はとんでもない高さだった。

続きを見る...

【以下注】
1 高等中学校は六年制で、日本の小学校6年生から高校2年生にあたる生徒が通う。なお、北朝鮮の義務教育制度は2012年9月の最高人民会議(国会)で、従来の幼稚園の年長1年、小学校4年、高等中学校6年の2年制から、幼稚園年長1年、小学校5年、初級中学校3年、高級中学校3年の12年制に改編された。新学制は2013年から実施されている。
2 各道の放送委員会は、道宣伝扇動部の出版報道課の指導を受ける。放送委員会傘下には、政治教養部、経済部、市民教養部、報道部、市郡指導部がある。また、「労働新聞」や各道の「日報(新聞)」は出版報道課で別途の管理を受けている。
3 正式名称は青年同盟指導員学部。文字通り、青年同盟(青年を構成員とする強い力を持った労働党の傘下組織)の指導員を養成する。同指導員は各学校に数人ずつ配置され、学生や学校運営に対し、教員よりも強い影響力を持つ。出世につながるため、この学部の人気は高く、除隊軍人も多く所属する。
※当記事は、『北朝鮮内部からの通信「リムジンガン」第7号』に掲載されています。

<国営メディアの記者生活>記事一覧

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…