金正日氏が2011年12月に急死して実質的に始まった金正恩時代。地方の住民はこの4年をどのように評価しているのか? 北朝鮮内部の取材協力者に電話で話を聞くと、生活悪化を嘆き、金正恩氏を「ガキ」と呼ぶなど辛辣な言葉が続いた。(整理/カン・チウォン、石丸次郎)

河川の整備工事に動員された北部の住民たち。地方都市では生活悪化に不満の声が高まっている。 2013年6月、撮影アジアプレス

河川の整備工事に動員された北部の住民たち。地方都市では生活悪化に不満の声が高まっている。 2013年6月、撮影アジアプレス

平壌だけを見ている金正恩氏

話を聞かせてくれたのは、咸鏡北道の会寧(フェリョン)市に住む労働者の男性。今年の金正日氏の命日翌日の12月18日にインタビューした。

問 金正恩時代になって良くなったこと、また悪化したことは何か?

協力者 良くなったことなんて何一つない。むしろ悪くなっている。平壌と外国人に見える所はきらびやかで賑やかにしているけれど、国の中の実際は犬 のような暮らしだ。幹部たちは、ずっと人民にたかって食ってきたので、今や賄賂をこそこそ求めるのではなく、堂々と当たり前に要求するようになった。それ は幹部たちの習慣になっている。

問 北朝鮮のメディアでは、金正恩は人民のために建設もたくさんし、配慮することも多いと宣伝しているが。

協力者 それは平壌のヤツらだけにしてやっていることで、地方の人間に対しては関心などないのだ。平壌でドルだけ使っている人間と地方の人間は全然違う(平壌の中の一部特権層のことを指していると思われる)

次のページ:金正恩氏を「ガキ」呼ばわり...