(参考写真)農民は長く政権と農場幹部の収奪にさらされ、かつ北朝鮮社会の最下層に位置付けられている。写真は平安南道の農民たち。2010年6月キム・ドンチョル撮影(アジアプレス)

(参考写真)農民は長く政権と農場幹部の収奪にさらされ、かつ北朝鮮社会の最下層に位置付けられている。写真は平安南道の農民たち。2010年6月キム・ドンチョル撮影(アジアプレス)

 

一方、近隣の他の農場の状況を、別の協力者が取材したところ、騒動には至っていないものの、脱穀を巡る同様のトラブルが発生して農民たちから不満の声が上がっているという。

協同農場での集団農業を続けて来た北朝鮮では、この数年、耕作を実際に担当するグループ=「分組」を細分化し、事件のあった農場では、今年に入ってほぼ家族単位で生産を請け負う運営を始めていた。そのため、従来の「分組」の幹部の権限が縮小していた。

※アジアプレスでは、中国の携帯電話を投入して北朝鮮国内の情勢を調査している。

【関連記事】
<北朝鮮写真報告>無報酬の搾取労働に動員される民衆(1)平壌など都市部でも農作業、道路工事、クズ鉄集めなどに動員
<北朝鮮写真報告>外国人から隠された平壌のホームレス
<動画・北朝鮮> 農村動員に不満を吐露する北朝鮮住民

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…