北朝鮮は現代の国際スポーツ史において、国や人口の規模に見合わぬ輝かしい実績を誇ってきた。体育を国威発揚の有力な手段ととらえ、選手の発掘・育成に国 家的な努力を傾けてきた結果だ。しかし長期にわたる経済の停滞と、生活苦から来るモラル・ハザードの進行などが、朝鮮スポーツ界の屋台骨を蝕んでいる。本 稿の執筆者のキム・クッチョル(金国哲)氏(仮名)は約30年にわたって北朝鮮体育界で指導者として仕事をしてきた人物で、2011年に脱北して今は国外 に住んでいる。体育の専門家による貴重な体験を寄稿してもらった。連載の第一部の最終回。(寄稿キム・クッチョル/訳・整理リ・チェク)
<<<北朝鮮>謎のスポーツ強国の内幕(1)へ

用具、装備の更新がままならないのが体育人たちの悩みだという。写真は平壌のある体育学校のバレーボールチーム 2013年朝鮮中央通信より引用

用具、装備の更新がままならないのが体育人たちの悩みだという。写真は平壌のある体育学校のバレーボールチーム 2013年朝鮮中央通信より引用

 

国際社会における朝鮮のネガティブなイメージは、国際競技に参加する選手や監督たちにも影響を与える。2007年には、インドで開かれた「国際軍事スポーツ委員会」(CISM)の世界大会に参加した朝鮮の射撃チームが、たいへんな苦労を味わうことになった。

※整理者注 CISは各国軍人のスポーツ交流を目的に、1948年に設立された。本部はブリュッセル。北朝鮮、日本、韓国など133カ国が参加しており、4年に一度、夏季と冬季の世界大会を開催している。

続きを見る...

(第一部了 第二部は2016年後半に再開します)

本稿は、「北朝鮮内部からの通信・リムジンガン」第7号の記事に加筆修正したものです。北朝鮮スポーツ関連の詳しい内容は「リムジンガン」7号をご覧ください。詳細はこちら⇒

<北朝鮮>謎のスポーツ強国の内幕 一覧

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…