R:しかしこの美浜原発だけではなくて、高浜1、2号機も当然40年を超えていますよね。これをまた再び動かそうという運転延長申請もしています。こんな老朽原発を動かして再稼働させて果たしていいのでしょうか。

小出:私としては、そんなことは安全性を考えれば当然あり得ないし、経営判断としてもあり得ない選択だと思います。

R:これからの原子力規制委員会の判断に委ねられるわけですけれども、もしかするとこれは20年の運転延長というのが認められる可能性もありますよね。

小出:はい、可能性もありますけれども、今年11月というのが美浜3号機の場合には、最終的なタイムリミットになってしまいます。それまでに老朽化した原子炉が新しい規制基準に合致するように関西電力の方できちんとした準備をしなければいけわけでその準備が間に合わないという可能性はかなりあると思います。美浜3号機に関しては、結局再稼働できないという可能性もかなり高いだろうと私は思います。

R:そうですか。それを聞いて少し安心しました。

小出:油断はできませんけれどもね。

次のページ:私たちは関西電力のこうした再稼働の動きに対して...