この老人は服装がみすぼらしいとして駅への入場を阻止されてしまった。2011年6月 平壌市大城区域にて、撮影ク・グァンホ(アジアプレス)

この老人は服装がみすぼらしいとして駅への入場を阻止されてしまった。2011年6月 平壌市大城区域にて、撮影ク・グァンホ(アジアプレス)

<外国人が絶対に見られない平壌の裏通り>記事一覧

※訂正します。
みすぼらしい身なりや大荷物の人を地下鉄に乗せないため、駅の入り口で検問を担当する兵士を、「警務兵」(憲兵のこと)と記述していましたが、これは間違いでした。正しくは「地下鉄運営管理局所属の兵士」です。お詫びして訂正します。(2016年8月17日)

 

「革命の首都・平壌」は、外部からの訪問者の行動範囲を徹底して制限し、政府が見栄えが悪いと判断する光景が、訪問者の目に触れないようなシステムを作ってきた。

平壌を取材するメディアの映像には、身なりのみすぼらしい人も、大荷物を抱えて商売に励む女性の姿も映ることはない。

平壌には特権階層だけが住むわけではない。他都市に比べ特別待遇があるとはいえ、200万を超える人口の大部分は、その日その日をなんとか暮らしている庶民たちである。

北朝鮮政権は、普通の庶民の姿を外国人の目からどのようにして匿しているのだろうか?その仕組みの一端を平壌に住むアジアプレスの取材パートナーであるク・グァンホ氏が撮影した。

二人の地下鉄運営管理局所属の兵士が駅入り口に陣取り、構内への入場制限を始めた。「行事があるから検問やっているんだ」と威圧する。2011年6月 平壌市大城区域にて、撮影ク・グァンホ(アジアプレス)

次のページ:大きな荷を背負った住民の入場を阻止する軍人 など 2枚の写真...