後姿のシャツにうつった浮いたあばら骨が痛々しい。脇にはくたびれた軍服と軍帽が。2008年8月平壌市郊外にて撮影チャン・ジョンギル(アジアプレス)

後姿のシャツにうつった浮いたあばら骨が痛々しい。脇にはくたびれた軍服と軍帽が。2008年9月平壌市郊外にて撮影チャン・ジョンギル(アジアプレス)

<北朝鮮写真報告>兵隊は辛いよ 記事一覧

ミサイル発射実験を立て続けに行っている金正恩政権。軍事力誇示のための示威であることに間違いない。

だが、金正恩氏は朝鮮人民軍の窮乏ぶりを知っているはずだ。なぜなら、2012年以来、彼は度々前線部隊を視察し、共に写真に収まっているからだ。

そこで金正恩氏は、痩せて子供のように小さな兵士たち、よれよれで、汚れて黒光りした軍服を着た兵士たちに囲まれている。

前に回る。畑から盗んできたトウモロコシの粒をこそぎ集めていた。痩せた兵士は若い。2008年8月平壌市郊外にて撮影チャン・ジョンギル(アジアプレス)

前に回る。畑から盗んできたトウモロコシの粒をこそぎ集めていた。痩せた兵士は若い。2008年9月平壌市郊外にて撮影チャン・ジョンギル(アジアプレス)

次のページ:よれよれの軍服姿の兵士たちなど2枚の写真を見る...