駐ロンドン北朝鮮大使館で公使を務めていたテ・ヨンホ氏が、妻子を連れて韓国に亡命した事件。今年に入り公表された亡命・脱北事件の中では、4月に中国寧波市の北朝鮮食堂の従業員13名が亡命した事件に並ぶ衝撃が金正恩政権内に走ったはずである。

韓 国入りした脱北者は累計約3万人に及ぶ。金正恩政権は、国境警備の強化、北朝鮮に残された家族に対する処罰の 厳格化、韓国入りした脱北者の不遇を宣伝・教育するなど、脱北防止に躍起になっているが、合法的に海外に出た労働者集団や外交官までが逃亡する事態に直面 している。

テ 公使の韓国亡命情報は世界中で大きく報道されたため、平壌の政権周辺の高位層のみならず、一般住民に伝わるのも 時間の問題だ。北朝鮮の人々は、高級外交官一家の亡命事件をどのように受け止めるだろうか? アジアプレスでは北朝鮮国内の取材協力者に、テ公使亡命を報じた韓国メディアの記事をあらかじめメールで送り、8月19日にインタビューした。アジアプレ スでは中国の携帯電話を北朝鮮国内に搬入して連絡を取り合っている。この協力者は、北部地域に住む40代の女性。中国を通じて入って来る外部情報には日頃 から接している。生活水準は中の上程度である。

金正恩氏と妻の李雪主氏。2014年5月付労働新聞より引用

金正恩氏と妻の李雪主氏。2014年5月付労働新聞より引用

 

――テ・ヨンホ公使のような高級外交官の亡命をどう思いますか? テ公使は、間もなく北朝鮮に帰国することになっていたそうです。

(逃げようとするのも)当然でしょう。朝鮮に戻ったら、もう家族揃っては出られないでしょうからね。外国に出ていた人間で、いったい誰が朝鮮に帰って暮らしたいと思いますか? (戻ったら)捕まる心配をしなければならないのに。
次のページ:捕まる? どういう意味ですか?...