食べさせられないと、娘の夫から家を追い出されたおばあさん。「街中にいると『浮浪者狩り』にあって収容施設に入れられてしまう」と述べた。山中の防空壕跡で暮らしていた。2011年6月平壌市郊外にて撮影ク・グァンホ(アジアプレス)

食べさせられないと、娘の夫から家を追い出されたおばあさん。「街中にいると『浮浪者狩り』にあって収容施設に入れられてしまう」と述べた。山中の防空壕跡で暮らしていた。2011年6月平壌市郊外にて撮影ク・グァンホ(アジアプレス)

<北朝鮮写真報告:見捨てられる老人たち>記事一覧

<北朝鮮写真報告>見捨てられる老人たち(1)へ

2000年以降、地域として食糧配給が辛うじて持されているのは平壌だけである。しかし、必要量にはまったく足りず、不足分や副食を市場で現金で購入しなければならないのは地方都市と同じだ。

自力で生きていくのが困難になった老人たちは子供たちに頼ることになるが、多くの場合、現役世代に親を扶養する余裕はない。こうして、老人たちは食い扶持を稼ぐため街頭に出されることになる。最悪の場合、家から追い出されホームレスに身を落とすことになる。(石丸次郎)

かなり高齢に見えるおばあさんが道端で食べ物を売っている。2007年10月平壌市楽浪区域にて撮影リ・ジュン(アジアプレス)

かなり高齢に見えるおばあさんが道端で食べ物を売っている。2007年10月平壌市楽浪区域にて撮影リ・ジュン(アジアプレス)

次のページ:アパート街で空き瓶やペットボトルを集めるおばあさんたち など2枚の写真...