キム・チョル名のフェイスブックに掲載された金正男氏本人と推測される男性。

 

金正男氏が殺害された件を、北朝鮮の住民はどのように受け取ったのか。金正恩政権による犯行だという確証は、現時点ではまだないのだが、北朝鮮に住む二人の取材協力者に話しを聞いた。あらかじめ韓国で報道されたニュースの内容をメールで伝え、16、17日に電話とメールでインタビューした。まだ北朝鮮国内では、事件の情報が広がっていないようである。

一人目は、北部の咸鏡北道に住む取材協力者A氏(30代の男性労働者)。

――金正男氏について、そして今回の殺害事件を知っていますか?

A 他の人は(金正男氏を)知っているかもしれないが、私は金正男が誰なのか、聞いたこともないし、今回殺されたということも知らなかった。(金正男氏については)知らない人の方が多いのではないか。ここ(北朝鮮)では、ちょっとしたことでも罪とされて殺してしまうので、(金正男氏)が国に反対したり、将軍様(金正恩氏)の権威を傷つけるようなことをしたので殺されたのではないか?

――もし金正恩氏の指示だとしたら?

A (金正男氏を)殺すことはなかったのに。兄弟なんでしょう? 金正日将軍は、平日(ピョンイル)同志を殺さなかったではないか、大使として送り出して。殺してしまうなんて恐ろしいことだ。兄弟ですら殺すのだから、私たちのような者の命はハエのようなものだ。

(金平日氏は金正日氏の異母弟。東欧諸国で長く大使を務める。現在は駐チェコ大使)
関連記事 :「脱北者の家族は3代絶滅させる」秘密警察が住民対象の講演会 恐怖政治続く

――国内の雰囲気はどうですか?

A 最近のことだが、近くの職場で友人同士が集まって酒を飲んで、将軍様の年齢がどうだ、若造のくせに何が分かる、というような話しをしていたのだが、その中の一人が密告して、二人が家族ごとあっという間に消えてしまった。その人たちが働いていた〇〇職場にも検閲が入り、(党の)細胞秘書が首になった。とんでもないことだ。金正男も、同じような意図で殺したのかもしれない。
次のページ:金家の三人の息子、正男氏の成田拘束も知っていた女性