厳寒の市場で厚着をして雑貨を売る女性。「お買いなさいよ」と撮影者に微笑みかけた。2011年1月中部地域にて撮影キム・ドンチョル(アジアプレス)

<外国人が絶対に行 けない裏通りの女性たち>記事一覧

北朝鮮内部の取材パートナーたちが撮影した映像に登場する女性たちは、往々にして険しく、疲れた表情をしている。

それも無理はないと思う。食糧配給が無くなって久しく、庶民のほとんどは商行為で糧を得ているが、それを彼女たちは「生活戦線」と呼ぶ。生計を立てていくのは「闘い」なのである。

加えて、居住地や職場で奉仕労働や政治行事への動員が頻繁にあり、「生活総和」と呼ばれる週一回の自己批判会、人民班会議にも出なくてはならない。さぞかし憂鬱で忙しく、ストレスの溜まる毎日を送っているに違いない。
関連写真:北朝鮮の新世代少女たち 海水浴楽しむ女子中生の弾ける笑顔

それでも、家族や知人と笑顔を交わす一時がある。映像にそんな一コマを見つけると、北朝鮮にも我われと変わらぬ庶民が生きているという、当たり前のことをを思い起こしてほっとする。(石丸次郎)

市場の入り口で楽しそうにふざけ合っている女性二人。2012年11月両江道恵山市場にて撮影「ミンドゥルレ」(アジアプレス)

しゃがんだ女性がひっくり返りそうになって、二人で大笑いしている。2012年11月両江道恵山市場にて撮影「ミンドゥルレ」(アジアプレス)

次のページ:満面の笑顔を客に向ける女性 など3枚の写真...