米国文化と知ってか知らずか、ミッキーTシャツを着た若者。恵山市で(アジアプレス)

年の瀬も押し詰まった12月29日に、北朝鮮国内の取材協力者(20代の女性)から連絡があった。突然、街頭で大々的な「身なり検査」が始まったという。

「昨日から辻々に『糾察隊』が立って、服装や髪型の取締りを始めました。チョンパジ(ジーパン)、チョンデパジ(脚にぴったりした細身のズボン)、ピアス、女の子の『刀髪』(ポニーテール)が標的になっています。『糾察隊』はハサミを持っていて、『刀髪』はその場で切ってしまうそうです。一週間から三か月の労働鍛錬隊送りになるというので、びくびくしています。外出しないようにしている若い女性もいます」

※「糾察隊」とは 服装や髪型、金日成バッジ装着などを点検する風紀検閲組織のことで、地域、職場、学校で人を選抜する。

なぜ、年末に突然の風紀取締りなのか。これは金正恩氏の「鶴の一声」によるものと思われる。12月24日付けの朝鮮中央通信は、労働党の末端組織の幹部を対象にした「党細胞委員長大会」で正恩氏が行った演説を、「歴史的」と表現して内容を次のように紹介している。

「現時期、朝鮮式社会主義を守るうえで害毒的作用をする非社会主義的現象について…(中略)、…根絶するための一大革命的な攻勢を繰り広げることについて指摘し…」

「我われの社会主義文化芸術が腐り切ったブルジョア反動文化を圧倒してこそ、人々が敵の文化に対して幻想を抱かないようになり、帝国主義者の思想・文化浸透を粉砕することができる」
出典:2017年12月24日付朝鮮中央通信

 

非社会主義現象とは、北朝鮮式社会主義の秩序と風紀を乱す行為のことを言う。資本主義的な服装、髪型、韓国はじめ外国の音楽、ドラマ、映画見聞きすること、賭博や占い行為、宗教行為なども含まれる。

関連記事:<北朝鮮写真報告>ミッキー、キティにドラえもんまで拡散 止まらぬ「敵国」文化の浸透 (写真4枚)

次のページ:金正恩氏の演説は、「腐り切ったブルジョア反動文化を圧倒」できていない現実を...

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう