羅津の闇市場に入った筆者に鋭い眼差しを向ける男性。大飢饉最中の1998年3月撮影石丸次郎

◆闇市場には「無いものが無い」

羅津先鋒(ラジンソンボン)市の外貨の交換レートは、当時、中国元とは固定されていて100ウォン=4元。日本円とは相場が毎日変動し100ウォン=63~67円だった。闇両替は一度も見かけなかった。また羅津先鋒市では外貨交換用紙幣は流通していなかった。

ちなみに招請元の機関の男性(30歳)の給料は3000ウォン。他地域では幹部クラスですら200ウォンがやっとだというから、破格の高給のように映るが、羅津先鋒市では政府職員といえども配給はなく、すべて市場価格で物を買わなくてはならないので、「生活は楽ではない」とこぼしていた。

北朝鮮では2002年7月になって、国定の食糧価格と給与の大幅引き上げ、企業所の裁量拡大を柱とする新経済措置が実施されたが、私が訪れた98年当時の羅津先鋒市では、この新措置が先行実施されていたともいえる。

闇市場で買ったパン。上が5ウォン、下が小豆入りの10ウォン。撮影石丸次郎

◆闇市場に並んでいるモノ

闇市場には住民が多様な品を持ち込んで売っていた。確認したものを挙げてみよう。1ウォン=0.65円を目安に計算してみると当時の物価水準が分かりやすい。

パンは1個5ウォン、ほんの少し小豆の入ったものだと10ウォン(食べられた)。みかん2個が5ウォンから(中国産)。傷んだりんごが1個15ウォン。餡入りの餅米を揚げたものは5ウォン(まずい)。

復刻連載「北朝鮮難民」記事一覧

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。
越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう