ドキュメンタリー映画「愛と法」の1シーン。手作りの料理で夕餉を囲む同性婚カップルの弁護士、南和行さん(左)と吉田昌史さん (C)Nanmori Films

公私ともパートナー同士の弁護士、南和行さん(42)、吉田昌史さん(40)を主人公にしたドキュメンタリー映画『愛と法』が公開中だ。ヨーロッパを拠点に映像製作に携わってきた戸田ひかる監督(35)が、3年にわたって2人に密着した。(栗原佳子/新聞うずみ火)

◆少数者の苦悩に寄り添う

主人公の南さん、吉田さんは2011年、同性婚をしたカップル。大阪市内で「なんもり法律事務所」を共同経営する「弁護士夫夫(ふうふ)」だ。戸田監督が2人に出会ったのは、仕事で大阪を訪れた2012年。「ゲイの弁護士カップルであることを公言して活動し、弱いところも受け入れあう2人の姿はカップルとして理想的」と強くひかれたという。

2人の法律事務所のドアを叩く依頼者は、社会的に少数者とされる人たちが少なくない。戸田さんは「人として痛みを体験している彼らが扱う案件を通し、この社会で見えにくくなっていること、隠されていることが見えてくるのではなないかと思った」と振り返る。

同性婚の弁護士カップルを描くドキュメンタリー映画「愛と法」が公開中。南和行さん(左)と戸田ひかる監督=シネリーブル梅田(新聞うずみ火)

戸田監督が特にスポットを当てたのは「無戸籍者裁判」「君が代不起立裁判」「ろくでなし子裁判」。法的に存在しないとされ、就学・就職の機会から疎外されることもある無戸籍者、「君が代」斉唱時に起立せよという通達を拒否して処分された教師、女性器をかたどった作品を「わいせつ物」とされ逮捕されたアーティスト――。少数者を切り捨て、自分らしく生きたい人を追い詰める社会の現実があぶり出される。10歳から海外で育った戸田監督のまなざしによって、それらの陰影がよりくっきりする。

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう